SEIBIDO保育BOOK
子どもに伝わる指導法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 143p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784415310251
  • NDC分類 376.1
  • Cコード C2037

内容説明

現場の悩みに応える保育のアイデア、63の指導法を紹介。

目次

第1章 静かに注目してほしいとき
第2章 みんなでひとつのことをしてほしいとき
第3章 きちんと並んでほしいとき
第4章 ルールやマナーを教えたいとき
第5章 危険を知らせたいとき
第6章 年中行事のとき

著者等紹介

矢吹秀徳[ヤブキヒデノリ]
東京都練馬区立豊玉第三保育園の保育士。1960年、福島県いわき市生まれ。練馬区立の保育園では男性保育士第1号で、1984年からの保育歴をもつベテラン保育士。“子どもとともに生きる”をモットーに、子どもに直接関わるクラス担任をしながら、子どもや保育を探求している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

摩周

1
プロはどう子供に接しているのか具体的に知りたくて拝読。 コツを体型だてるとこんな感じなのでしょうか。。 ・まず子供に聞く(尋ねる)。 ・自ら楽しそうに率先することで真似しやすくする。 ・挨拶などは声掛けのタイミングを伝えあげる。 ・具体的にわかりやすく伝える。 -- 「あれ?○○ちゃんいないのかな?もう一回おはようございます!」 「こんなときどうするの?はい、どうぞ!(お礼のきっかけ)」 「ここはお部屋の中だよね。大声出さなくてもここだけ聞こえればいいんだよ。」「お耳がいたいよ」2013/01/07

こみ

0
保育士による保育のコツをまとめた本。家庭での子育ての本だと思い誤って読んだが、子供の集団を扱う話が多いのであまり家庭向けとは言えない。とはいえ子供に自立心を持たせる言い方、自尊心を育むやり方、反感を持たせない言い方などは参考になるし、なんなら大人相手でも応用が利くと思う。2020/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3013013

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。