• ポイントキャンペーン

成美文庫
「経済」で考える力がつく本―お金の流れを知れば仕事の急所が見えてくる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A6判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784415070674
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0130

内容説明

困ったときは「お金」に聞けばいい!仕事、勉強、人生がうまくいく最高の思考技術がここにある。

目次

序章 「経済賢者」になるために―日本が知らない日本の強さを概観する
1章 「いかがわしさ」が経済をリードする―産業資本経済からソフト産業経済へ
2章 あなたの消費力は上がるか下がるか―人はなぜ消費せずにいられないのか
3章 ライフスタイルが金を生む―文化が生産・消費を決め始めた
4章 「生活のために」か「自分のために」か―ソフト産業時代の労働観
5章 会社はよい方向に変わっているか―産業構造の変化と会社の変化
6章 「これから勝つ人」が始めていること―「非常識に儲ける人」の起業術

著者等紹介

町田洋次[マチダヨウジ]
1941年埼玉県生まれ。64年慶応大学経済学部卒業。日本長期信用銀行に入行、産業調査部長、長銀総合研究所取締役産業調査部長などを歴任する。93年社団法人ソフト化経済センターに転じ、研究主幹、理事をへて2003年より理事長。専門は産業調査、企業調査。最近は社会起業家、公民起業家を提唱している。また、メールマガジン「社会起業家クラブ」を発刊。デジタル雑誌「Softonomics」にコラム「いかがわしい新産業論」を連載中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5 よういち

46
発行が2004年。この手の本を14年も経過して読んでしまうと、答え合わせみたいになってくるんだけど、それが合ってればまだしも、どうもことごとく違う方向にいってしまった感がぬぐえない。正直、何言ってるのかわからないところもあって、だんだんと読む気が失せた。 本にも、旬があるんだなぁ。2018/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/176994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。