成美文庫
スピード思考の技術―「行動の先のばし」「頭のもやもや」がなくなる36の具体例

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784415070353
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0130

内容説明

すばやい「インプット」と、鋭い「アウトプット」の実現法。速く考えると気持ちがポジティブになる。

目次

1章 「部分」と「全体」を見直せ―スピード人間は優先順位に知恵がある
2章 「考える道具」をもとう―スピード人間は頭に単純作業をさせない
3章 速読・速習のテクニック―スピード人間は理解より「つかみ」を重視する
4章 「渋滞ポイント」を回避せよ―スピード人間は同じ所でつまずかない
5章 「人の頭」を大いに使え―スピード人間は人を動かしながら動く
6章 「拙速」を防ごう―スピード人間は期限ギリギリを待たない
7章 常に「まっすぐに生きる」ために―スピード人間はスピード化の目的を決めている

著者紹介

矢矧晴一郎[ヤハギセイイチロウ]
1929年東京生まれ。慶応大学経済学部卒業後、51年富士銀行に入行。外国部、調査部課長代理、業務管理部調査役を歴任。69年同行を退職、ボストン・コンサルティング・グループ本社(アメリカ)に入社。71年帰国し、同社東京支社主任研究員となる。72年日本タイムシェア常務取締役に就任。80年矢矧コンサルタント株式会社を設立し代表取締役に就任。96年矢矧経営研究所を設立し現在に至る