成美文庫
青木雄二のナニワ流ゼニの哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784415069906
  • NDC分類 361.42
  • Cコード C0134

内容説明

ドン底でこそ元気が湧いてくる73の「ナニワの法則」。

目次

第1章 ナニワの底力は新しもん好きから生まれた!(ナニワの人情はどんどん変わるけど、それでええねん;マルチなナニワで世の中の裏を見てきたから、今のボクがある ほか)
第2章 ナニワのゼニ感覚をお手本にせよ!(ゼニは払わなければ減らない。それが真理や;とことんまけさす。それがダメならおまけをつけさす ほか)
第3章 ナニワの商法の秘密はひらめきと才覚だ!(ナニワの商人は死に金はつかわず、生き金をつかう;ナニワの商人はガメツイ?商人がガメツイのは当たり前や ほか)
第4章 ナニワの食いもんには理くつはいらん!(「グルメ」やなくて、ほんまもんにこだわるのがナニワ流;競争のないところに、うまい食いもんはけっして生まれん ほか)
第5章 ナニワのお笑いにはほんまもんの人間学がある!(ナニワの文化は「お笑い」にルーツがあるのや;お笑い文化の活力が、ナニワの街を発展させてきた ほか)

著者等紹介

青木雄二[アオキユウジ]
1945年京都府生まれ。岡山県立津山工業高校卒業後、神戸に本社のある鉄道会社に就職し、その後大阪に出て、キャバレー、パチンコ屋、デザイン会社経営など、30以上の職業を経験。1990年、『週刊モーニング』(講談社)誌上に『ナニワ金融道』を連載開始。若いビジネスマン層を中心に大反響を巻き起こし、以後、大阪学とゼニ道のプロとして現在も圧倒的な支持を得る。1998年に第2回「手塚治虫文化賞」を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ryo

0
面白くなかった。大阪の自慢話2009/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/256383

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。