学校安全と子どもの心の危機管理―教師・保護者・スクールカウンセラー・養護教諭・指導主事のために

個数:

学校安全と子どもの心の危機管理―教師・保護者・スクールカウンセラー・養護教諭・指導主事のために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月29日 14時28分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 132p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784414400502
  • NDC分類 374.92

内容説明

子どもの安全が脅かされる。大人が怯えて固くなる。子どもの安心が奪われる。大人が不安を募らせ慌てふためく。子どもが心と身体を痛めていくとき、大人はなにをすべきか?大事なことは、大人が子どもに向き合う本当の勇気を持つことなのである。

目次

1章 学校安全とは
2章 「死」をどうやって伝えるか
3章 死の局面に際して
4章 いじめの危機管理
5章 不登校
6章 虐待
7章 性暴力被害を受けた子どものケア
8章 性の安全と健康
9章 非行問題
10章 いじめ予防

著者紹介

藤森和美[フジモリカズミ]
2001年筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻修士課程修了。2005年大阪大学大学院人間科学部博士後期課程修了。現在、武蔵野大学人間関係学部教授、博士(人間科学)、臨床心理士。山口県クライシスレスポンスチーム委員会顧問、横浜市教育委員会スクールスーパーバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)