学校心理学―教師・スクールカウンセラー・保護者のチームによる心理教育的援助サービス

個数:
電子版価格 ¥3,240
  • 電書あり

学校心理学―教師・スクールカウンセラー・保護者のチームによる心理教育的援助サービス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 20時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 364p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784414301496
  • NDC分類 371.4
  • Cコード C3011

内容説明

今、不登校、いじめ、非行、障害、学級崩壊などの問題状況で、子どもも教師や保護者も苦戦している。そのようななか学校教育が変わろうとしている。本書では、学校教育のシステムがヒューマン・サービスの視点からとらえなおされ、「一人ひとりの子どもが学校生活を通して成長する過程で出会う問題の解決を援助する心理教育的援助サービスの理論と実践」を支える学校心理学について紹介される。日本の学校心理学のパイオニアである著者は、子どもの個性と生き方を発見し生かすこと、子どもを援助する大人の立場と力を生かすことを強調する。そして教師、スクールカウンセラー、保護者がチームとなって、学校や地域の豊かな援助資源を活用しながら、子どもを援助する方法について解説する。著者や著者の仲間の実践、映画の話(例:フーテンの寅さん)などがたくさん盛り込まれ、楽しく読める。子どもを援助する大人が元気になる本。

目次

第1部 理論編―学校心理学の体系(新しい学校教育サービスをめざして;アメリカにおける学校心理学―スクールサイコロジストの実践体系;日本における学校心理学―心理教育的援助サービスの体系;心理教育的援助サービスの基礎概念;心理教育的援助を担う4種類のヘルパー;3段階の心理教育的援助サービス;スクールカウンセラーに求められる役割に関するニーズ調査から)
第2部 実践編―心理教育的援助サービスの実践活動(心理教育的アセスメント―心理教育的援助サービスの基盤として;カウンセリング―児童生徒への直接的援助として;教師・保護者・学校組織へのコンサルテーション―児童生徒へのチーム援助として;学校心理学の固有性と今後の課題)