「私を怒らせる人」がいなくなる本

個数:
電子版価格 ¥1,360
  • 電書あり

「私を怒らせる人」がいなくなる本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 14時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784413231077
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0030

内容説明

自分の気持ちを相手にうまく伝えるには?気づかない間にたまった負の感情から脱け出す!自分も相手も大切にする自己表現アサーションの実践書。

目次

1章 なぜ「怒り」という感情は嫌われものになったのか?
2章 怒りのメカニズムがわかると自分にOKを出せる
3章 「怒ってはいけない」とずっと我慢してきた人へ
4章 自分も相手も大切にする、理想的な“さわやかさん”になるには
5章 こんなときどうする?―街で、会社で、自宅で…シチュエーション別クイズ
6章 実践アサーション!―気持ちを伝えるセリフは、こう組み立てる

著者等紹介

園田雅代[ソノダマサヨ]
臨床心理士。創価大学教育学部ならびに大学院教授。東京大学教育学部教育心理学科卒業、教育学研究科教育心理修士課程修了。大学で教鞭を執るほか、日本・精神技術研究所や各種のワークショップで「アサーション・トレーニング」の講師を務める。アサーション・トレーナー歴、30年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

気づかない間にたまった「イラッ!」「モヤモヤ…」から脱け出す、自分も相手も大切にする自己表現「アサーション」の実践書。誰かに「カチン!」とくることを言われたときや、不快なことをされたとき、怒りにまかせて「それ、やめてほしい」と言いたいけど、言えなくて、悶々としたことはありませんか?そうして我慢して不快感がたまっていきそうな場面で役立てたいのが、「アサーション」です。
アサーションとは、1950年代にアメリカで生まれた心理療法や心理的教育の一種であり、日本でもさまざまな場面で活用されています。「自分も相手も大切にする自己表現」ともいわれ、自分の言いたいことを相手に伝え、それをきっかけに、お互いにより良い関係をつくっていこうとする手法です。
本書ではとくに「自分の怒りをコントロールできない場面」に焦点をあててご紹介していきます。気づかない間にたまった「イラッ!」「ムカッ!」「モヤモヤ…」といった負の感情から脱け出す、自分も相手も大切にする自己表現「アサーション」の実践書。

<こんな場面で…自分の気持ちを相手にうまく伝えるには>
●満員電車で足を踏まれたうえに、無視された。
●映画館で隣の人たちがうるさい!
●職場で上司から「おい、そこの」と呼ばれた。
●楽しみにしてた予定があるのに、残業を強いられた。
●友人に貸した服が汚れたまま返ってきた。
●事前に聞いていた話と違う… etc.

<目次>
■1章 なぜ「怒り」という感情は嫌われものになったのか?
■2章 怒りのメカニズムがわかると自分にOKを出せる
■3章 「怒ってはいけない」とずっと我慢してきた人へ
■4章 自分も相手も大切にする、理想的な《さわやかさん》になるには
■5章 こんなときどうする??街で、会社で、自宅で…シチュエーション別クイズ?
■6章 実践アサーション!?気持ちを伝えるセリフは、こう組み立てる?

園田雅代[ソノダマサヨ]
著・文・その他