青春新書プレイブックス<br> 人は死んでもまた会える―仏教が教える永遠の絆

個数:
  • ポイントキャンペーン

青春新書プレイブックス
人は死んでもまた会える―仏教が教える永遠の絆

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月09日 15時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413210317
  • NDC分類 180.4

内容説明

ブッダの教えを、仏教思想家がわかりやすく解き明かす。大切な人との絆を取り戻し、もう一度結ぶための道先案内。

目次

1章 ブッダは「旅立ちの後」をどう考えていたのか(背負った「負い目」をどうすればよいか;「葬式仏教」では癒されない ほか)
2章 負い目から解放される再会の世界(『阿弥陀経』に書かれた「また会える」;再会するときは仏弟子同士 ほか)
3章 生まれ故郷から来て、帰る(「旅立った息子に会いたい」;親鸞が説いた慈悲とは ほか)
4章 わたしたちは、何のために生きているのか(思うがままにならないこと;この世は「縁」の世界 ほか)
5章 人は死んでもまた会える(執着を捨てて生きる;煩悩だらけで生きていい ほか)

著者紹介

ひろさちや[ヒロサチヤ]
1936年大阪府生まれ。宗教評論家。東京大学文学部印度哲学科卒業。同大学院人文科学研究科印度哲学専攻博士課程修了。気象大学校教授を経て、大正大学客員教授。「仏教原理主義者」を名乗り、本来の仏教を伝えるべく執筆、講演活動を中心に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

感傷ではなく確かな信条として「あの人」との絆を取り戻し、もう一度新たに結ぶための道先案内。

夫、妻、親、子、恋人――大切な人を失い、悲しみや孤独に苦しむ人が増えている。仏教は、「誰でも、死者とあの世で再会できる。だから悲しむよりも”今・ここ”を一所懸命に生きなさいと説く。感傷ではなく確かな信条として「あの人」との絆を取り戻し、もう一度新たに結ぶための道先案内。

【著者紹介】
1936年大阪府生まれ。宗教評論家。東京大学文学部印度哲学科卒業。同大学院人文科学研究科印度哲学専攻博士課程修了。気象大学校教授を経て、大正大学客員教授。「仏教原理主義者」を名乗り、本来の仏教を伝えるべく執筆、講演活動を中心に活躍中。