青春新書インテリジェンス<br> 教科書の常識がくつがえる!最新の日本史―時代を動かした“7つの節目”とは

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

青春新書インテリジェンス
教科書の常識がくつがえる!最新の日本史―時代を動かした“7つの節目”とは

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 04時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413046183
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C0221

出版社内容情報

「戦国は応仁の乱から」という常識は過去のもの?! 「東国では享徳の乱(1454年)から」「全国的には明応の政変(1493年)から」といった説が有力になりつつある。日本史の流れを大きく変えた「7つのターニングポイント」それぞれのビフォー・アフターを、「世界一受けたい授業」などで大人気の著者が学界の最新動向を踏まえて分かりやすく解説、歴史がまったく新しい姿で見えてくる決定版!

内容説明

学界の“新常識”を完全網羅。知られざるターニングポイントはここだった!300~400年分に匹敵する「決定的な1年」がある。

目次

1章 日本史の節目1 大海人皇子の吉野降り(671年)―約450年続く律令体制の始まり
2章 日本史の節目2 保元の乱(1156年)―源氏と平氏の台頭、平氏政権、鎌倉幕府の誕生へ
3章 日本史の節目3 享徳の乱(1454年)と明応の政変(1493年)―戦国時代はいつ始まったのか
4章 日本史の節目4 大津浜事件(1824年)―尊王攘夷論の確立、幕府の崩壊へ
5章 日本史の節目5 廃藩置県(1871年)―一日にして藩が消滅、政治権力は新政府に統一
6章 日本史の節目6 日比谷焼打ち事件(1905年)―大正デモクラシー、本格的政党内閣の時代、軍国主義へ
7章 日本史の節目7 ノモンハン事件(1939年)―日本の軍事政策の大転換。太平洋戦争へ

著者等紹介

河合敦[カワイアツシ]
歴史研究家・歴史作家・多摩大学客員教授、早稲田大学非常勤講師。1965年、東京都生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学。歴史書籍の執筆、監修のほか、講演やテレビ出演も精力的にこなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

cocolate

2
保元の乱とか自分で図解しないとなかなかついてゆけなかったけど、ターニングポイントって考え方は大事なんだなあと。2021/07/06

エリンギ

1
コテンラジオ織田信長編に触発されて、最新の研究に触れたくて読んだ。と言いつつ特に幕末〜明治のあたり、廃藩置県の経緯が興味深かった。それからノモンハン事件も。歴史は地続きであることをあらためて実感できた。2021/06/25

白隠禅師

1
ターニングポイントと言われるところの流れが詳しく説明されてるのでわかりやすい。特に近代についてはあまりわかってなかったので勉強になった。2021/05/26

Tsuneyuki Hiroi

0
全くその通り!と膝を打つ内容。特にノモンハン事件をなぜしっかり教えないのか、ここに太平洋戦争の失敗の本質が詰まっているのに、と思っていたところにこの記述は良かった。なお、太平洋戦争が歴史の転換点という見方には、著者と同様否定的だ。現状を見れば、転換点になったとはいえまい。大津浜事件は知らなかったが、歴史の転換点として、頭に入れておこう!2021/10/23

とめ

0
日本史の7つのターニングポイントを挙げて、最新の説を紹介。大きな出来事は突然起きるのではなく積み重ねによって起きる。原因を丁寧に辿っていくことで、知識から判断、思考に拡大できる。2021/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17861963

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。