境界線を破る!―エコ・フェミ社会主義に向かって

個数:
  • ポイントキャンペーン

境界線を破る!―エコ・フェミ社会主義に向かって

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 366p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794801739
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

出版社内容情報

【エコ・フェミ社会主義に向かって】エコロジーとフェミニズムの思想・運動が提起する諸問題を的確に整理批判しつつ,その核心的主張を格段に深化させた未来へのヴィジョン。

内容説明

「ナノ秒」文化に終止符を打ち「生命系」の時間を取りもどす現代文明の重要なパラダイム転換。エコロジー・フェミニズム・社会主義の地平を格段に深化させ、「全人類的危機」克服のための漸新な青写真を提示する。

目次

個人的、政治的イントロダクション
破滅の予言と希望の政治―緑派の登場
女性と自然―エコ・フェミニズムの挑戦
自然の帰る?―ディープ・エコロジーの冒険
純粋無垢の探究
破滅で稼ぐ―すばやい指先と燃える森林
市場への挑戦
エコ・フェミ社会主義に向かって(社会主義かサヴァイヴァル競争か?;世界のケアをする。ゆっくり、しかも遅れずに)
最後に想う

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みか

6
本書の論点は、①緑派の運動の潜在的可能性と限界、②家父長制的資本主義が女性と自然界に与えたインパクト、③男性支配の社会主義が資本主義と対峙するのに失敗した次第の考察、④女性の生活と仕事およびエコロジー的限界の拘束の分析を基礎にして、エコ・フェミ社会主義の諸要素の構築。メラーによれば、社会主義とは「女性の不払い労働や、植民地化された人々の搾取と抑圧、地球資源の「無料」の搾取を無視したもの」である。したがって、「私たちに必要なのは、男性と資本主義双方の拘束から私たちを解放できる社会主義」であると主張する。2008/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/47544

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。