青春新書インテリジェンス<br> 感情を“毒”にしないコツ―心と体の免疫力を高める「1日5分」の習慣

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

青春新書インテリジェンス
感情を“毒”にしないコツ―心と体の免疫力を高める「1日5分」の習慣

  • 提携先に6冊在庫がございます。(2021年01月20日 05時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413046060
  • NDC分類 493.09
  • Cコード C0247

内容説明

高血圧、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞を引き寄せる怒り、不安、ストレスを受け流すヒント。震災後の福島の医学データで見えてきた「コロナうつ」「コロナ不調」を防ぐ健康法。

目次

序章 医学データが物語る「病は気から」の真実―震災後の福島の健康調査で見えてきたこと(震災後、心の病気だけでなく体の病気も増えた福島県;不安やストレスが、うつ、生活習慣病となってあらわれる ほか)
第1章 「感情」が病気をつくる―怒り、不安、ストレスを「病」にしないコツ(生活習慣は「感情」に支配されている;「怒り」からスタートした研究 ほか)
第2章 「怒り」が血管トラブルを招く―感情が生活習慣病の引き金になる(「怒り」と関係が深い高血圧;高齢者が怒りっぽくなる医学的理由 ほか)
第3章 負の感情をためると「うつ」になる―感情がエネルギーを奪っていく(「怒り」「不安」はうつの前段階;避難生活者が抱える「うつ」と「肥満」の問題 ほか)
第4章 心と体の免疫力を高める「1日5分」の習慣―感情よりも行動を変える(日々の生活を楽しんでいる人ほど長生きする;「病気になりやすい性格」はあるのか ほか)

著者等紹介

大平哲也[オオヒラテツヤ]
福島県立医科大学医学部疫学講座主任教授。同放射線医学県民健康管理センター健康調査支援部門長。大阪大学大学院医学系研究科招へい教授。日本笑い学会理事。福島県いわき市生まれ。福島県立医科大学卒業。筑波大学大学院医学研究科博士課程修了。大阪府立成人病センター、ミネソタ大学疫学・社会会健康医学部門研究員、大阪大学医学系研究科准教授などを経て現職。専門は疫学、公衆衛生学、予防医学、内科学、心身医学。テレビや雑誌などでも活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

震災後の福島の県民健康調査に携わっている著者によると、福島県ではストレスの影響により「うつ」が増えただけでなく、肥満や高血圧、糖尿病といった生活習慣病全般が増加傾向にあるという。さまざまな研究データでも、怒りや不安、ストレスといった心の状態は、体の病気を引き寄せることがわかってきた。そのような「負の感情」を“毒”にしないためには、心ではなく行動を変えることがポイントとなる。先行き不透明な「ウィズコロナ」時代、不安やストレスに振り回されずに心と体の免疫力を高めるヒント。