グローバリゼーションと植民地主義

個数:
  • ポイントキャンペーン

グローバリゼーションと植民地主義

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月22日 08時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 376p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409240816
  • NDC分類 334.5
  • Cコード C3036

内容説明

「国民国家と多文化社会」シリーズ最終集。グローバル化と呼ばれる世界の変動は、とりわけ9・11以後、帝国主義的・植民地主義的な様相を深めている。グローバル化が第二の植民地主義であるなら、植民地主義の再生産装置たる国民国家はどのように機能してきたのか。「国内植民地」「グローバル・シティ」「戦後日本」などを手がかりに、「新たな」植民地主義に対する批判の回路と課題を考える。

目次

いまなぜ植民地主義が問われるのか―植民地主義論を深めるために
1 “新”植民地主義(“新”植民地主義とマルチチュードのプロジェクト―グローバル・コモンの共創に向けて;フランスの事例にみる「植民地忘却」を考える―『“新”植民地主義論』を手がかりに ほか)
2 国内植民地(国内植民地論に関する覚え書;千島列島の内国化と国際的環境―片岡侍従の千島派遣を中心に ほか)
3 グローバル・シティ(都市のグローバル性/植民地性;アジア・メガシティとポスト・グローバルシティの位相 ほか)
4 戦後と植民地以後(「難民入植」と「開発難民」のあいだ―戦後開拓を考える;現在に抗する戦後に向けて ほか)

著者等紹介

西川長夫[ニシカワナガオ]
1934年生。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。立命館大学大学院先端総合学術研究科名誉教授。比較文化論、フランス研究

高橋秀寿[タカハシヒデトシ]
1957年生。立命館大学文学研究科博士課程後期単位取得退学。文学博士。立命館大学文学部教授。ドイツ現代史・記憶文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。