ソフィストとは誰か?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409040805
  • NDC分類 131.2
  • Cコード C3010

内容説明

哲学の側からのソフィスト批判、ソフィスト自身の挑戦と反撃など、古代ギリシア諸家の言説の徹底分析を通してソフィスト存在への認識の射程を示す、注目の研究成果。

目次

ソフィストへの挑戦
第1部 哲学問題としてのソフィスト(「ソフィスト」ソクラテス;誰がソフィストか;ソフィストと哲学者)
第2部 ソフィストからの挑戦(ソフィスト術の父ゴルギアス;力としての言論―ゴルギアス『ヘレネ頌』;弁論の技法―ゴルギアス『パラメデスの弁明』;哲学のパロディ―ゴルギアス『ないについて』 ほか)

著者等紹介

納富信留[ノウトミノブル]
1965年東京都生まれ。東京大学文学部(哲学科)卒業。同大学院修士課程、博士課程を経て、1995年、英国ケンブリッジ大学古典学部にて、Ph.D.取得。九州大学文学部助教授を経て、慶應義塾大学文学部助教授、オランダ・ユトレヒト大学哲学部客員研究員。国際プラトン学会実行委員。西洋古代哲学・古典学を専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ポリスからポリスを渡り歩き、徳や弁論術の教師を目指したソフィストとは一体誰なのか。ソフィストとそれを批判した哲学者の言説を分析し、究明する。