Ruelle COMICS<br> 京都と猫と、まだ見ぬ色と

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

Ruelle COMICS
京都と猫と、まだ見ぬ色と

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 13時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 162p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784408640433
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

京都×日本の伝統色

千年の都に薫る四季の色――
古都に暮らす人々の物語を、趣深い日本の伝統色で描くオールカラーコミック


世界中の人々が憧れ、夢見る町・京都――。
京都には季節ごとに様々な色があります。
その豊かな色彩の中から切り取った七つの伝統色を使って
京の町の人々の七つのストーリーを描いた美しい作品集。

著者が得意とするポップな色彩で描いた京都のイラストも多数掲載。

第一話 艶紅(つやべに)
第二話 小豆色(あずきいろ)
第三話 甕覗(かめのぞき)
KYOTO COLORS
第四話 支子色(くちなしいろ)
第五話 千歳緑(せんざいみどり)
第六話 銀鼠(ぎんねず)
第七話 月白(つきしろ)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

高宮朱雀

18
絵師が自分の色を探し出すまでの過程とひとまずの着地点、新たな出発点を日本の伝統色を軸にした7つのエピソードで紡いで行く一冊。フルカラーなのでより色感やエピソードの熱量、質感が伝わりやすい。 作者自身が京都在住で絵を手掛ける仕事だからこそ生まれた作品だったのかと思う。 イラストのテクスチャーが、ずいぶん前にノイタミナで放送されていた怪〜Ayakashiのようで懐かしいような、京都という場所独特の温かみ、蠱惑的な雰囲気があり、飲み込まれた。 続編が出たら、また手に取りたい。2022/01/31

サルビア

13
「朔 お前も自分だけの色を探すんだぞ」と言った兄さんはある日、突然いなくなった。艶紅、小豆色、甕覗、支子色(くちなしいろ)、千歳緑、銀鼠、月白という色が紹介されています。それぞれの色にあったエピソードとともに。そしてその色のお菓子や飲み物の紹介もあって色という視点から見た京都を味わえる本です。ウサギノネドコの青いケーキが食べてみたいと思いました。2022/01/25

たけのこ

2
おおーこれはいい作品だ。京都と色をめぐる物語。「色」がテーマだけにフルカラーで読まないと意味がないマンガ。エピソードと色と京都が絡みあうことで重層的な読後感があっていいものを読んだなぁという気になる。京都好きな人は読む価値ましまし!2022/01/30

ななしゃむ

0
22/2/1購入。2022/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18582684

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。