• ポイントキャンペーン

Joy novels
THE 名探偵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 243p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408606873
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0293

内容説明

日本のミステリーはここから始まった!名探偵ミステリーアンソロジー。明智小五郎、神津恭介、中村雅楽…巨匠たちが作り上げた名探偵がここに集結!6人の名探偵と6つの謎。

著者等紹介

江戸川乱歩[エドガワランポ]
1894年‐1965年。1923年、「二銭銅貨」でデビュー。「D坂の殺人事件」や「人間椅子」などの多彩な短編が、日本のミステリー界に新しい息吹をもたらした。1947年、探偵作家クラブ初代会長に。1952年、評論書『幻影城』で探偵作家クラブ賞を受賞。雑誌「宝石」の編集長も

角田喜久雄[ツノダキクオ]
1906年‐1994年。1922年、「新趣味」の懸賞に「毛皮の外套を着た男」が入選するも、戦前は『妖棋伝』ほかの伝奇時代小説で人気作家に。1958年、「笛吹けば人が死ぬ」で日本探偵作家クラブ賞を受賞

高木彬光[タカギアキミツ]
1920年‐1995年。1948年、神津恭介初登場の『刺青殺人事件』で華々しくデビューし、一躍本格推理の寵児となる。1950年、『能面殺人事件』で探偵作家クラブ賞を受賞

福永武彦[フクナガタケヒコ]
1918年‐1979年。1972年に日本文学大賞を受賞した『死の島』ほかで知られる作家であり、詩人であり、ボードレール研究の第一人者。ミステリーの愛読者で、1956年、加田伶太郎名義で短編「完全犯罪」を発表する

仁木悦子[ニキエツコ]
1928年‐1986年。胸椎カリエスによる幼いころからの寝たきりの生活のなか、童話を発表。さらに1957年、江戸川乱歩賞を『猫は知っていた』で受賞した。日本では数少ない女流ミステリー作家として堅実な創作活動をつづけ、1981年、「赤い猫」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞

戸板康二[トイタヤスジ]
1915-1993年。歌舞伎評論家として知られていたが、1958年、江戸川乱歩にすすめられて「車引殺人事件」を「宝石」に発表。1960年に「團十郎切腹事件」その他で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。