吉行淳之介 物書きのたしなみ

個数:

吉行淳之介 物書きのたしなみ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408594088
  • NDC分類 914.6

内容説明

おとなの男の小説作法と読書の極意。芥川賞作家であり、文壇屈指の小説読み巧者でもある吉行淳之介による、本好きのためのとっておきのエッセイ。

目次

1 小説の書き方(利休鼠の雨;「祭礼の日」から三十年;メモの切れ端;「皿の苺」と入れ歯;野間賞受賞の挨拶 ほか)
2 小説の鑑賞法(幾つかの「一冊の本」;「〓(ぼく)東綺譚」を読む
森茉莉「薔薇くい姫」など
田中小実昌氏を推す(第十五回谷崎賞選評)
色川武大『怪しい来客簿』推薦 ほか)

著者紹介

吉行淳之介[ヨシユキジュンノスケ]
1924年4月13日~1994年7月26日。岡山市生まれ。1954年、「驟雨」で芥川賞を受賞。対談やエッセイの名手としても有名。女優の吉行和子、詩人・作家の吉行理恵は妹(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)