吉行淳之介 物書きのたしなみ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408594088
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

おとなの男の小説作法と読書の極意。芥川賞作家であり、文壇屈指の小説読み巧者でもある吉行淳之介による、本好きのためのとっておきのエッセイ。

目次

1 小説の書き方(利休鼠の雨;「祭礼の日」から三十年;メモの切れ端;「皿の苺」と入れ歯;野間賞受賞の挨拶 ほか)
2 小説の鑑賞法(幾つかの「一冊の本」;「〓(ぼく)東綺譚」を読む
森茉莉「薔薇くい姫」など
田中小実昌氏を推す(第十五回谷崎賞選評)
色川武大『怪しい来客簿』推薦 ほか)

著者等紹介

吉行淳之介[ヨシユキジュンノスケ]
1924年4月13日~1994年7月26日。岡山市生まれ。1954年、「驟雨」で芥川賞を受賞。対談やエッセイの名手としても有名。女優の吉行和子、詩人・作家の吉行理恵は妹(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。