• ポイントキャンペーン

永田町動乱―小泉政権700日の深層

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 366p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408591926
  • NDC分類 312.1

内容説明

官邸、永田町、霞ヶ関をめぐるトライアングルバトルの暗闇を暴く。

目次

第1章 小泉改革の道程(異常ともいえる人気の小泉首相様々で、自民党は参院選に圧勝か;小泉政権の長期化を予想、抵抗勢力は「擦り寄り作戦」へ ほか)
第2章 国内政局の裏側(真紀子女史のキャラに期待した小泉首相の思惑を探る;「真紀子批判」が広がり、外相としての「資質」が問われ始めた!! ほか)
第3章 国内経済の動向(小泉・ブッシュ首脳会談の行方を探る;高まる金融担当相の更迭と若手の金融政策通の登用期待論 ほか)
第4章 対米外交の重圧(米陸軍参謀本部の中将が9・11テロの二日前から無断欠勤;ブッシュ政権はロシアと手を組み、タリバン‐チェチェンの断絶を狙う ほか)
第5章 対亜外交の課題(中国共産党創党八〇周年集会で打ち出した脱・階級化および大衆政党化路線;プーチンは長期独裁政権をめざし、海外経験のある若手を続々と大抜擢中 ほか)

著者紹介

歳川隆雄[トシカワタカオ]
1947(昭和22)年東京生まれ。上智大学文学部英文学科中退。週刊誌記者を経て、フリージャーナリストとして幅広く活躍中。国際政治経済情報誌『インサイドライン』編集長