実業之日本社文庫<br> 殺し屋の約束

個数:
電子版価格
¥924
  • 電書あり

実業之日本社文庫
殺し屋の約束

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2024年04月24日 09時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408558691
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

誰かを救う、殺しであれ――
殺意と命のミステリー

「僕は殺し屋です。あなたの両親と妹を殺した犯人の殺害を承りました」。表参道で突然目の前に現れた美青年・久遠(くどう)はそう言って、自分たちが受け継いできた「五つの約束」を語り始めた。戦後の混乱期から、バブル期、現在、そして未来まで、うつろう時代の闇で「久遠」の名を継いでゆく殺し屋たちの願いとは――心に迫る殺意と命のミステリー。

※『エターナル』改題

内容説明

「僕は殺し屋です。あなたの両親と妹を殺した犯人の殺害を承りました」。表参道で突然目の前に現れた美青年久遠はそう言って、自分たちが受け継いできた「五つの約束」を語り始めた。戦後の混乱期から、バブル期、現在、未来まで、時代の闇で「久遠」の名を継いでゆく殺し屋たちの願いとは―心に迫る殺意と命のミステリー。

著者等紹介

日野草[ヒノソウ]
1977年東京都生まれ。2011年『ワナビー』で第二回野性時代のフロンティア文学賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

大福

1
28冊目、読了。 言いたいことは、分かる。 けど、何となく曖昧な時代設定。 殺し屋の小説で、周りをしっかり埋めろってなると、長くなるか(笑) 悪くはないけど、読んでみて!とまでは、おすすめしないかな。 個人的な感想です。2024/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21726365
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。