実業之日本社文庫<br> 罠の女―警視庁極秘指令

個数:
電子版価格
¥858
  • 電書あり

実業之日本社文庫
罠の女―警視庁極秘指令

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月18日 12時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408556857
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

熱血検事が堕ちた謎の女を探せ!

恐喝、贈賄、偽装結婚…不正を闇に葬る黒幕は誰だ!?



大好評ハードサスペンスシリーズ第四弾!



熱血検事はなぜ罠にはまった?

事件の鍵を握る女は〈リカ〉――



東京地検特捜部の熱血検事・藤巻が少女買春の疑いをかけられ

停職中に金属バットで撲殺された。

そのとき、藤巻は三つの事件を内偵中だったが、

過去に関わった事件の関係者から逆恨みされたのかもしれない。

藤巻の妻から個人的に依頼を受けた極秘捜査班の剣持直樹は、

検事を罠にかけた女、自称〈リカ〉が事件の鍵を握るのではと、その行方を探るが――。

内容説明

熱血検事を殺したのは誰?事件の鍵を握る女は“リカ”―東京地検特捜部の熱血検事・藤巻が少女買春の疑いをかけられ停職中に金属バットで撲殺された。そのとき、藤巻は三つの事件を内偵中だったが、過去に関わった事件の関係者から逆恨みされたのかもしれない。藤巻の妻から個人的に依頼を受けた極秘捜査班の剣持直樹は、検事を罠にかけた女、自称“リカ”が事件の鍵を握るのではと、その行方を探るが―。

著者等紹介

南英男[ミナミヒデオ]
1944年、東京生まれ。明治大学を卒業後、雑誌編集者を経て作家デビュー。85年以降、ハード・サスペンスに取り組み、警察小説を執筆。累計130万部を突破したベストセラー「強請屋稼業」(実業之日本社文庫ほか)シリーズ多数。全著作累計部数は2300万部超(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さるお

1
警察官による、スジ読みは仕事に生かすことが出きるか?

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18074623
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。