実業之日本社文庫<br> 未亡人酒場

個数:
電子版価格 ¥623
  • 電書あり

実業之日本社文庫
未亡人酒場

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月30日 15時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 263p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408554518
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

北国の小さな酒場には、魅惑的な女性が集まる。転勤したばかりの志郎は、店で出会った美女と雪降る公園で…。冬のほっこり官能!

内容説明

妻と別れ、仕事にも精彩を欠く志郎は、上司のすすめで札幌転勤になる。忘年会の後にふらりと訪れた狸小路商店街の小さなバーで、赤ワインを飲む麗しき女性と出会う。勇気をもって話を聞くと、34歳の若さにして未亡人だという。しかし、彼女には危険な男の影が…。ふたりは幸せになれるのか!?心と体を温かくする「ほっこり官能」の決定版!

著者等紹介

葉月奏太[ハズキソウタ]
1969年、神奈川県横浜市生まれサラリーマン生活を経て、2011年『密会濡れる未亡人』で長編官能デビュー。14年『二階堂家の兄嫁』で「21世紀最強の官能小説大賞」優秀賞を受賞。血の通った男女が淫欲に耽溺する様を情感豊かに描きだす、人気急上昇中の要注目作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

古本虫がさまよう

1
離婚の原因が単なる妻の浮気でなかったり……。未亡人のほうもいろいろいと理由ありの死別だったり……。札幌に飛ばされた主人公…。そんな背景もあって、中年男と若未亡人との間の恋物語りが生まれて……。成就するまでにいろいろとバリアもあり、その間に、若未亡人以外のフフフの女性たちが中年男に群がり、否応なく味わうことも……。多少なりとも紆余曲折などがあって、小説としての面白さを味わうことができた。この小説の舞台となった札幌の狸小路商店街も先日歩いたので感慨深く一読したしだい。 2019/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13283918

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。