実業之日本社文庫<br> 死刑狂騒曲

個数:
電子版価格 ¥678
  • 電書あり

実業之日本社文庫
死刑狂騒曲

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 13時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408554488
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

死刑囚を解放せよという脅迫状が届いた。事件を追う女性刑事、明らかになる幼女誘拐事件。どんでん返しサスペンス×ミステリー!

内容説明

「血の蠍」を名乗るテロ組織から、脅迫状が届いた。法曹資格を有する異色の女性刑事・雲上菜奈は、体当たりの捜査で事件解明に挑む。しかし、政府が要求を無視すると、人質の女性の遺体が…。謎のテロ組織は、なぜ脅迫誘拐事件を犯したのか?二転三転する予測不能の“犯罪サスペンス×どんでん返しミステリー”。著者初の文庫書き下ろし!

著者等紹介

嶋中潤[シマナカジュン]
1961年生まれ、千葉県出身。東北大学理学部卒業、東京工業大学大学院修了。国際宇宙ステーション関連業務に従事。2013年、『代理処罰』で第17回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。社会の矛盾を突く、ミステリー作家の新鋭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっこ

54
刑事訴訟法第475条とは、死刑判決確定の日から6箇月以内に死刑を執行すると明記されている。しかし現実は法務大臣自ら法令違反を犯している。死刑が是か非かを問うた作品はありますが、現実として「死刑」という制度があるのに、法令を守らない国の機関に対して問うた作品でした。テロ組織が死刑囚の解放を求め、人質を殺害する。テロに屈するべきではないという考え、人権の観点からの考え、犯人を追う警察、中盤までサスペンス満載でした。最後は、ちょっと緩んじゃった印象も受けましたが一気に読めました。2020/01/15

momi

43
テロ組織からの要求は三人の死刑囚の解放…さもなくば人質を処刑する!!犯人の目的はいったい何なのか!?第3章までは犯人側と警察とのスリリングな展開、一気に読ませてくれます!第4章「判決」では…全国民を巻き込んでの大判決…それぞれの選択の過程が描かれています!問いかけたい…そして訴えかけたい思いとは「あなたは死刑を選びますか?!解放を選びますか?!」死刑制度をモチーフにしたサスペンスミステリー!!もう少し掘り下げて描かれていたらと思うところもあるが、深く考えさせられる作品で、どんでん返しありで面白かったッ!!2018/12/30

坂城 弥生

31
冒頭、登場人物の個性がわからなくて読み進めるのが大変だったけど、段々引き込まれてきた。 人の死を願いながら生きなければならないのは確かに地獄かもしれない。 エピローグは要らなかったんじゃないかな。2019/10/23

あっちゃん

26
社会派のミステリーにも関わらず、発想が奇抜(笑)テロを装って死刑囚の解放を求める、その真相は?死刑、だけでなく、いろいろ考えさせられる!ラストのドンデン返しは、伏線はってあったので、ナルホドと納得( ̄▽ ̄)2019/09/19

シオウ

15
3章までは文句なしに面白い。これからどう展開していくのか...緊迫感ある場面の連続でドキドキしながら読めた。ただ、それだけに4章からの群像劇とエピローグの後味の悪さはいただけなかった。。4章については、死刑制度について読者にも考えさせる意図があってのことかと渋々納得するが、エピローグは完全に蛇足。そんなネタバレいる? ラストを衝撃的にさせたいがために、どんでん返しさせること自体が目的になっていないか? それまでが良かっただけに残念。2019/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13258252

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。