実業之日本社文庫<br> 吉野桜鬼剣―走れ、半兵衛〈3〉

個数:
電子版価格 ¥602
  • 電書あり

実業之日本社文庫
吉野桜鬼剣―走れ、半兵衛〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月20日 03時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 303p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408553344
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大柿半兵衛は柳生家当主・俊順から、桜鬼一族の成敗を要請された。吉野山中に跋扈する一族は奈良の高僧や天領の代官たちを殺め、金銀財宝を掠奪。討伐のため派遣された新陰流の剣士たちも皆、渦巻く桜吹雪に紛れて刀が一閃する「吉野桜鬼剣」に打ち破れたという。知心流の新たな秘剣「翡翠」を伝授された半兵衛は、早春の大和国・吉野へ向かうが…。

著者等紹介

森詠[モリエイ]
1941年生まれ。東京外国語大学卒業。週刊誌記者を経て、71年『黒い龍』でデビュー。83年に日本冒険小説大賞を受賞した『燃える波涛』に代表される、世界をまたにかけた冒険小説やハードボイルドで人気を博す。94年に坪田譲治文学賞を受賞した『オサムの朝』などの青春小説、架空戦記、そして時代小説と、ジャンルの幅を広げて多岐にわたる著書を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

剣客・大柿半兵衛は柳生家当主から、大和国吉野の山中に跋扈し、人を殺め略奪を繰り返す「桜鬼一族」退治を要請されるが……。