実業之日本社文庫<br> 放課後はミステリーとともに

個数:
電子版価格
¥550
  • 電書あり

実業之日本社文庫
放課後はミステリーとともに

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月18日 12時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 363p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408551463
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

霧ケ峰涼が通う鯉ケ窪学園高校にはなぜか事件が多い。校舎から消えた泥棒、クラスメートと毒入り珈琲一族との関わり、校外学習のUFO騒動、密室状態の屋上から転落した女子…etc.それらの謎を解くはずの涼だが、ギャグが冴えるばかりで推理はなぜか発展途上。解決へ導くのは探偵部副部長なのか、それとも意外なあの人か?ユーモア学園推理の結末は?

著者等紹介

東川篤也[ヒガシガワトクヤ]
1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。2002年『密室の鍵貸します』でデビュー。11年『謎解きはディナーのあとで』で本屋大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

セウテス

79
【鯉ヶ窪高校探偵部シリーズ】番外編第1弾。東川氏らしい軽妙な語りと独特のユーモアの中に、巧妙に練られた謎を推理する連作短編。探偵部副部長の霧ヶ峰涼は、名探偵に成るべく学園に起こるライトな事件に奮闘中。しかしその実態はワトソン役で、最初の「霧ヶ峰涼の屈辱」の先制パンチは小気味良い。部長は登場せず霧ヶ峰の推理を、顧問の石崎先生に指導される日々である。「霧ヶ峰涼の逆襲」は推理が正しいと思わせ、二転三転していく鮮やかさに目を見張る。読み終えて、緻密な計算の上にぐだぐだな笑いが在ると思うと、改めて凄いなぁと感じる。2021/10/21

さっとん

71
鯉ヶ窪学園シリーズ3作目、8編からなる連作短編集。 3作目とは言うものの番外編的扱いで1・2作目とは主人公が異なるので、2作目を飛ばして読んでしまいましたが全く問題なく楽しめました。 東川さんらしいコミカルで軽いタッチとしっかりとしたトリックで気楽に本格ミステリが楽しめる優れモノ。 特にカープネタ満載なのでカープファンの自分にとっては楽しさ倍増でした。 1・2作目に登場する3バカトリオとの絡みを今後期待したいところですね。2021/05/30

めぐ

64
私の中でのジャンルは「謎解きはディナーのあとで」と同じ分類だ。この本はミステリーというよりは、学園青春もの・・・!? と書くのもためらわれるほど、特に青春もしていないけれど。軽く読んで気分があがる本だった。2018/06/14

ニカ

52
1話目から騙された。少々卑怯な手だとは思うが、その設定が後の話しにも活かされていて良かった。2022/01/10

るーしあ

43
今回は3バカトリオの登場はなく、探偵部員は霧ヶ峰涼が登場するのみ。だから女の子に「僕」と言わせるなと何度も何度も・・・ まあそれはおいといて、この作品はドラマ化されたはず。ということはテレビでは霧ヶ峰涼の正体の大仕掛けを無駄にしたということ。なんともったいない。ドラマを見た後にこの本を手にした人には残念な結果になったのかもしれない。幸い私は楽しめた。鯉ヶ窪学園探偵部シリーズの中では一番のお気に入り。霧ヶ峰涼、面白いキャラだなぁ。笑った笑った。お気に入りは「霧ヶ峰涼とエックスの悲劇」。次シリーズが楽しみだ。2013/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7387302
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。