終活中毒

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

終活中毒

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408538075
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

人生は、いつでも大どんでん返し。
たとえ、余命わずかでも――

最高の最期(エンディング)、始めますか?  
あなたの心に火を灯す驚愕×号泣ミステリ―!

ゾッとする終活、理想的な終活、人生を賭けた終活…
4人の〈終活〉に待っていたサプライズとは?
40代女性―余命をSDGs活動につぎ込む資産家の妻に望むのは…(「SDGsな終活」)
60代男性―妻の三回忌のため息子と家のリフォームを始めたが…(「最後の終活」)
60代女性―ベストセラー作家の遺品に心を乱された理由は?(「小説家の終活」)
40代男性―売れない芸人の終活はお笑いグランプリの挑戦で…(「お笑いの死神」)

内容説明

ゾッとする終活、理想的な終活、人生を賭けた終活…4人の“終活”に待っていたサプライズとは?40代女性―余命をSDGs活動につぎ込む資産家の妻に望むのは…(「SDGsな終活」)。60代男性―妻の三回忌に合わせ息子と家のリフォームと片づけを…(「最後の終活」)。70代女性―急死した人気作家の形見分けに心を乱された理由は?(「小説家の終活」)。40代男性―売れない芸人の終活はお笑いグランプリの挑戦で…(「お笑いの死神」)。あなたも他人事ではない驚愕×号泣ミステリー!

著者等紹介

秋吉理香子[アキヨシリカコ]
兵庫県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ロヨラ・メリマウント大学院にて、映画・TV製作修士号取得。2008年、「雪の花」で第三回Yahoo!JAPAN文学賞受賞。2009年、同作を含む短編集『雪の花』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっこ

76
終活を迎えた4人のエンディング。今までを振り返って悔いなく人生を終えられることは何より幸せだろうなと思う。ゾワッとするものから心に染み入るもの、老いていく辛さなどさまざまな4話終活短編集。サクッと読みやすかった。2022/08/04

ごみごみ

50
①余命わずかと分かっていながら、近づいてくる人物には要注意!②ボケる前にやっておくこと。オレオレ詐欺にも要注意!③ライバルや戦友のような友人の存在が、生きる励みになるかも。④最期まであきらめない気持ちが、奇跡をおこすこともある。そしてなにより家族の存在。大切な家族のために何を残せるか?・・何十年も生きてきた人ひとりの人生の幕をおろすのだから、簡単でないことは分かってる。秋吉さんらしいイヤミスから、しんみり、ホロリ、大号泣まで。終活って大変!!2022/08/09

なっち

28
『婚活中毒』が大好きでそれに続く作品ということで大いに期待して手にとる。4つの短編集、ヒヤっとしたりニヤリとしたりホロリとしたりどれも最高に面白い!○○中毒、また書いてください、秋吉先生!!2022/07/31

とこっぷり

27
終活に関する短編集。最初の短編は作者らしい、ゾッとした内容だったけど、他3編はホロっと来ました。それぞれ思い残したことがきちんと成就される。亡くなってしまった本人たちは見ることはできないけど、こういう形ってすごくいいなぁ。最後の「お笑いの死神」は号泣。死神の正体もすごく良かった2022/08/07

なな

27
終活オムニバス。どれも面白かったなー。2022/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19704504

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。