アリバイ崩し承ります<br> 時計屋探偵の冒険―アリバイ崩し承ります〈2〉

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

アリバイ崩し承ります
時計屋探偵の冒険―アリバイ崩し承ります〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 06時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408538020
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

テレビドラマ化で大人気、待望の最新作!

パーティ出席者500人
全員が証人!
時乃はアリバイを崩せるのか!?

今、日本でもっとも愛される
本格ミステリ作家が贈る「至極の作品集」

時を戻すことができました。――アリバイは、崩れました。

難事件に頭を悩ませる新米刑事は、
美谷時計店の店主・時乃にアリバイ崩しを依頼する。
湖に沈められた車のアリバイ、
パーティ出席者500人が証人となった政治家のアリバイ、
容疑者の親族3人がもつ鉄壁のアリバイ……。
時乃の推理はいかに? 
時乃が高校生時代に挑んだ
「夏休みのアリバイ」も特別収録。 

内容説明

難事件に頭を悩ませる新米刑事は、美谷時計店の店主・時乃にアリバイ崩しを依頼する。湖に沈められた車のアリバイ、パーティ出席者500人が証人となった政治家のアリバイ、容疑者の親族3人がもつ鉄壁のアリバイ…。時乃の推理はいかに?時乃が高校生時代に挑んだ「夏休みのアリバイ」も特別収録。

著者等紹介

大山誠一郎[オオヤマセイイチロウ]
1971年、埼玉県生まれ。京都大学推理小説研究会出身。サークル在籍中は「犯人当て」の名手として知られた。2004年、『アルファベット・パズラーズ』でデビュー。13年、『密室蒐集家』で第13回本格ミステリ大賞を受賞。18年刊行『アリバイ崩し承ります』は「2019本格ミステリ・ベスト10」国内ランキング第1位に、20年には連続ドラマ化され、大きな反響を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

旅するランナー

266
やっぱり浜辺美波ちゃんをイメージしながらの読書となります。相変わらず、無駄を省いた、アリバイ崩し5話。詰め将棋解説本のごとく、スパっサクっパシっと気持ち良~く解答を得ることができます。節電·節ガスが求められる昨今にピッタリな、省エネ推理小説です。2022/07/14

しんたろー

187
アリバイ崩しに特化したミステリ短編集で、5つの話が収録されている。短い中でもキチンと伏線を張っている上に捻りが効いていて、ミステリをゲーム感覚で楽しむには打ってつけの第2弾になっている。特に『二律背反のアリバイ』には新しさを感じたし、そのオリジナリティに敬意さえ覚えた。他作品でも感じた事だが、大山さんのミステリ愛と読者を楽しませようとするサービス精神は嬉しいし、現在のミステリ界では貴重な存在だと思う。新トリックのアイデア産み出す苦労は察して余りあるが、今後も楽しみな作家さんで、そろそろ長編も期待したい♬2022/07/09

ちょろこ

139
第二弾の一冊。からんころん…時計屋さんの扉を開けると同時に胸も高鳴っちゃう捜査一課の僕。今作は恋模様も強く漂ってきて、なんだかこそばゆい。民間人にこんなにぺらぺら…と、やっぱり突っ込みたくなるけれど、会いたさも立派な理由の一つなのね。一瞬で時計の針がカチッと戻る鮮やかな時乃の崩し方は拍手の連続。大山ワールドに脱帽。こんな完璧なアリバイに完璧な崩し、頭の中を覗いてみたくなる見事なスピードとお手前。最終話が優しさもあってすごく好き。またおじいちゃんとの思い出が読みたい。スッキリ爽快感を味わえるのも魅力の作品。2022/06/04

OSOGON15

90
『アリバイ崩し承ります』シリーズの二作目。今回は5話からなる短編集。前作品同様、店主の美谷時乃は不可能とも思えるトリックをいとも簡単に解き明かし、アリバイを崩す。トリックはしっかりとしていて、読んでいて楽しいと思わせる。少女時代の時乃の思い出もほのぼのとした感じで良かった。続編、二人の恋の進展あるかな?2023/10/07

あっちゃん

90
何故か時計屋がアリバイ崩しをするシリーズ2作目(笑)安楽椅子探偵、一瞬で解けるのも凄いけど、よほど若手刑事さんの説明が上手いんだろうなぁ( ̄▽ ̄)2022/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19195554
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。