忍者物語

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

忍者物語

  • 東郷 隆【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 実業之日本社(2014/12発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 80pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 273p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408536576
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

闇から闇へ―のはずが歴史の表舞台に現れた忍者の真実の姿とは!?これが本物の「忍(しのび)」だ!練達の筆致で描く傑作歴史小説集。

著者等紹介

東郷隆[トウゴウリュウ]
1951年神奈川県横浜市生まれ。国学院大学卒。同大学博物館学研究助手、編集者を経て作家に。’94年に『大砲松』で吉川英治文学新人賞受賞。2004年『狙うて候―銃豪村田経芳の生涯』で第23回新田次郎文学賞、2012年『本朝甲胄奇談』で第6回舟橋聖一文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

23
ん~ん、なかなかに面白かったでござる。こういう物語もたまには新鮮かと。史実や資料集めに作者の仕事が大変だったろうなぁと思った次第。『動』の忍者に脚光が浴びがちだが、そもそも『忍』って確かに『静』よね。最後の沢木家当主のインタビュー「いやはや」が私には、微笑ましく思えた。2015/02/15

ren5000

21
あとがきに書かれていたように欧米や漫画などの派手な忍者像とは違うリアル忍者の話でした。活躍は地味ではあるけど史実をもとにした物語ということで現実はこんなもんなんだろうなと妙に納得しました。2015/04/17

ナポリタンに牛乳

12
史料を基にした忍者ものの短編集。地味なプロフェッショナルとして描かれています。技術や能力はそんじょそこらの武士よりは高いのに卑賤視されていた忍者達。技術に正当な対価を支払わない日本の体質は昔からだなと感じます。”できてあたりまえ”なことにお金は払えませんよ~みたいな。お庭番の話は興味深いです。「影の軍団」シリーズで得た知識はかなり間違っていることを今更認識...。2015/01/19

mushoku2006

11
特別に派手なものはなかったけど、 逆にそれがリアルで良かった。 これだけの長い期間の様々な話を集めてきた、 著者のネタの収集能力に感服。2015/02/03

ふぇび

10
これは面白い!タイトル通り忍者について書かれており、室町から江戸時代末期までに歴史の裏側で活躍する甲賀伊賀の忍者たちの等身大の活躍が描かれており、最初は地味な展開だな・・・と思って読んでいましたが、新潟の抜け荷探索、ペリー来航時の探索話、島原の乱話などとても楽しく読み終えました。今まで「定吉七番」シリーズしか読んだことが無かったのですが歴史小説も読んでみようと思います。2015/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9049221

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。