親不孝通りディテクティブ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408533957
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

博多っ子テッキとキュータのちょっぴりセンチメンタルなハードボイルド・ストーリー。

著者等紹介

北森鴻[キタモリコウ]
1961年、山口県生まれ。駒沢大学文学部歴史学科卒業。’95年『狂乱廿四孝』で第6回鮎川哲也賞を受賞し、作家デビュー。主な著書に『狐罠』、『花の下にて春死なむ』(’99年、第52回日本推理作家協会賞・短編および連作短編集部門受賞作)、『凶笑面』、『顔のない男』など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紅はこべ

32
裏京都シリーズに次ぐ地方都市を舞台にした連作短編集。本シリーズは博多。おでんラーメンカクテルを供する屋台の主デッキ、高校の同級生で結婚相談所調査員のキュータ。二人がコンビを組んで、持ち込まれる厄介事を解決。イメージとしてはデッキが動ける、フットワークが軽いネロ・ウルフ、キュータがお脳の足りない、色ボケのアーチー・グッドウィンって感じ。語り口こそユーモラスだが、実際は苦い後味と人生の悲哀を噛み締めさせる作品。2010/02/19

Yuki

9
テッキとキュータの視点が細切れに入れ替わるので、慣れないとあれ?って感じになっていましたが、慣れてくるとそれぞれのキャラに愛着が湧いてきました。ラストは中々に苦いものがありますが、続編があるので、そこで鴨ネギコンビを追いかけていきたいと思います。2017/10/14

珂音

8
博多の屋台を舞台にした短編集。テッキとキュータ、屋台のオヤジ(20代の崖っぷち)と結婚相談所の調査員は事件が起きると本業を放棄して(主にキュータ)探偵さんになる。テッキは『俺』、キュータが『オレ』の一人称で交互に語るがどっちだったか分からなくなる。テッキの屋台はおでんやラーメンの他にカクテルを出すがビールを片手に読むのが似合いそうな話し。ラストはちょっと重いのでカクテルの方が良いかな。2010/04/19

とも

7
舞台は博多。ギリギリ20代ながら屋台を構える『テッキ』と、結婚相談所の調査員の『キュータ』が、周りで起こる(呼び寄せる?)様々な事件を解決する。 博多弁かわいい♪表題作の『親不孝通りディテクティブ』が一番好きかなぁ。やっぱりこうゆう下町の人情話には弱い。人間の価値は見た目ではかるものではないのですね。2011/12/12

ニゴディー

5
文章もストーリーも合わなかった。2021/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/493510

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。