ジョイ・ノベルス<br> 幸福の手紙―浅見光彦ミステリー傑作選 (新装版)

個数:

ジョイ・ノベルス
幸福の手紙―浅見光彦ミステリー傑作選 (新装版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年08月22日 11時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408505589
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

旅行雑誌編集者・中村典子のもとに届いた一通の「不幸の手紙」が、すべての悲劇の発端だった―。バラバラ死体事件が発生して間もない井の頭公園で、典子につきまとっていた週刊誌記者・長谷の遺体が見つかる。半月前、彼は典子に「半分の馬を見た」という謎の言葉を残していた。さらに、手紙の送り主とおぼしき旧友が殺されたという報せまで舞い込み…。長谷の足取りを追って北海道・十勝へ飛んだ名探偵・浅見光彦が目にしたものとは―!?現実の未解決事件に想を得た傑作ミステリー。

著者紹介

内田康夫[ウチダヤスオ]
コピーライター、CM制作会社経営を経て、1980年『死者の木霊』でデビュー。『後鳥羽伝説殺人事件』で初登場した浅見光彦はもっとも人気の高い探偵役である。2007年には作品総発行部数が1億部を突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞。16年4月、軽井沢に「浅見光彦記念館」がオープンした。17年5月、自身163冊目の著作で浅見シリーズ最新刊『孤道』を未完のまま刊行、「完結編」を公募することに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

一通の「不幸の手紙」がすべての発端だった――。殺された男が遺した言葉を手がかりに北海道・十勝へ飛ぶ浅見光彦を待つのは!?