Joy novels
いっぺんさん

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 267p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408505107
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

一度だけ何でも願いを叶えてくれる神様を探しに山へ向った少年は本当に神様を見つけることができるのか―驚きと感動の名作「いっぺんさん」はじめ、少年と鳥使いの老人の交流を描く「小さなふしぎ」、田舎に帰った作家が海岸で出会った女の因縁話「磯幽霊」など、ノスタルジーと恐怖が融合した朱川ワールド傑作集。ノベルス版のために書き下ろされた、「磯幽霊」の後日譚「磯幽霊・それから」を特別収録。

著者等紹介

朱川湊人[シュカワミナト]
1963年大阪府生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。出版社勤務を経て、2002年「フクロウ男」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。03年「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。05年『花まんま』で第133回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nyanco

49
ノベルスだけの特典「磯幽霊・それから」を読みたくて追加読み。てっきり後日談は、明るめになるのかと思っていたら…。真っ黒、それもかなりドロドロ系。ほんの十数ページの短編なのに打ちのめされ方が半端じゃないです。立ち読みされる方は気をつけてねw ノベルスには単行本には無かった扉絵が各話ごとにあって、作品の1シーンが描かれています。これも良い出来なのでお見逃しなく!いや~、参った参った…。まだムカムカしてます…2010/08/24

もっち

38
神社さんにお参りする時、わしはこうお願いする「家族が幸せになるための苦労をさせて下さい。苦労の深い理解を与えて下さい」。2019/07/08

はっぱ

35
文章がとても上手くて、物語にグッと引き込まれていく。物語の先が気になって、一気読み。 いっぺんさん=しーちゃんの優しさが、全ての願いを叶えてくれたのかも知れない。不思議な話。 コドモノクニ =四季に絡ませた四つの話だけど、どの話も恐ろしい話だった。特にラストの文章が!・・ 小さなふしぎ=私は、この話が一番好きだった。ラストにかけての不思議は、少し哀れで、チュンスケがとても愛おしかった。 他の六篇も、不思議で恐ろしい話。そして人の恐ろしさも・・。 八十八姫は、山になったのだなぁ・・。2015/04/19

ねこにゃん@しばらくつぶ少なめ

33
「いっぺんさん」友達や家族、人を思いやる優しい不思議な話でした。「小さなふしぎ」かわいい小鳥との絆(と言うとオーバー?)を感じる優しい哀しい話。他の話はホラー要素が大きく、それに加え、人の行動や言葉、その心理にも怖いものありでした。夏の読み物にぴったりな作品です。この類いの話は、読み出すと止まらない面白さがあります。2013/08/24

テツ

28
朱川湊人さんらしいノスタルジックでセピア色をしたホラー&ファンタジー。怖さだけではなくノスタルジーなきもちが胸を締めつける。例え方が適切かどうか判らないけれど、怖い話まとめサイトにある明らかな物語調な創作話(いや全て創作なんだけど)の凄まじくクオリティが高い作品の集まりみたいな感じ。収録作品全て好きだけれど一つあげるなら表題作にもなっている『いっぺんさん』が好き。いわゆるオカルト的な事柄って現実には微塵も信じていないけれど、何故こうしたお話は好きなのか自分でも不思議です。2019/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/554735

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。