五郎丸日記

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

五郎丸日記

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408455839
  • NDC分類 783.48
  • Cコード C0075

内容説明

W杯期間中、五郎丸歩選手が自ら記していた激闘の日々を完全収録。歴史が変わった2015ラグビーワールドカップ。アスリート・五郎丸歩のこの4年間の心の動きを、ロングインタビューを通して克明に切り出して描く!

目次

序章 誇りと涙を携え、イングランドの地へ
「五郎丸日記」
第1章 ジャパン・ウェイ―ワールドカップ戦記
第2章 本当のエディ・ジョーンズ
第3章 「ルーティン」完成への遙かなる道のり
終章 新たな挑戦の季節を迎えて

著者等紹介

小松成美[コマツナルミ]
ノンフィクション作家。1962年2月25日、神奈川県横浜市生まれ。専門学校で広告を学び、1982年毎日広告社へ入社。その後、放送局勤務などを経て、1990年より本格的に執筆を開始する。主題はスポーツ、映画、音楽、芸術、旅、歴史など多岐にわたる。2014年6月、高知県観光特使就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばんだねいっぺい

19
価値観を持たずに人と会う。すると小さな箱から大きな箱へという文が印象に残った。リーチ・マイケルのキャプテン就任や荒木さんのメンタル・コーチ就任がこのことを象徴している。2016/08/30

ひろし

18
今年はやっぱり、この方でしょう。ラグビー日本代表、五郎丸歩選手がイングランドで開催されたラグビーワールドカップの期間中に書き綴った日記をもとに、激闘の記録、壮絶な準備、彼を有名にしたキック前の一連のルーティン完成までの道、偉大な監督・エディー・ジョーンズとスタッフなどなどなどなど。見所がありすぎる内容に仕上がっております!『国を背負う』ということの自覚を持った本物のアスリートが歴史を変えたことに、あらためて胸打たれました。感動をありがとう!お薦めします。2015/12/29

4丁目の父ちゃん

15
あの感動の南ア戦からもう一年 なるほど、スタッフも試合に参加していたのですね あの場面、キックティーをグランドに持ち込んでいたら 「歴史は変わらなかった」 だろう.... 色々と裏話も交えて面白かった オリンピックも楽しみだが、その前年のワールドカップも楽しみだ2016/10/15

緋莢

11
2015ラグビーワールドカップ。南アフリカ戦の歴史的勝利、3勝1敗という成績に日本中が大いにわいた。その中でも高い精度を誇るプレースキックと、ルーティンで注目を浴びたのが五郎丸歩だった。大会期間中、五郎丸自身が記した激闘の日々と4年間の心の動きをロングインタビューを通して切り出して書いた本。2017/04/13

ダンボー1号

10
エディーのトレーニングは自分には想像出来ないレベルなんだろう。ナショナルチームが成長していく過程で起きる葛藤が見えてくる。充分な休養取れず『臨んだスコットランド戦。雪辱の機会はもうすぐだ。2016/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10130080

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。