ビートルズに恋して―だから、今の僕たちがいる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408454849
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0073

内容説明

「ビートルズとの出会い」「ビートルズ音楽の真髄」「ビートルズ来日の秘話」など、今まで知られていない真実を、アーティスト、著名人・関係者が語りおろした!インタビュー&コメント・コレクション。

目次

第1章 同じ時代を生きたビートルズ(坂崎幸之助―知れば知るほど謎が多くなりわかっても演奏するのが難しい一生研究させられる存在;イルカ―出会いから今までいろんな形で導かれてきた彼らは守護霊のような存在;タケカワユキヒデ―ビートルズの歌は夢中でコピーしていた16歳の青春時代に戻れる鍵 ほか)
第2章 僕らの憧れだったビートルズ(稲垣潤一―曲を聴くとあの頃の記憶と結びつく唯一無二の存在;ダイアモンド☆ユカイ―ビートルズはバンドマンとしてのひとつのバイブルだ;クリス・ペプラー―ビートルズは全人類に開放された「世界遺産」なのです ほか)
第3章 知られざるビートルズ(湯川れい子―ビートルズは大衆音楽という大きな川の流れの中の巨大な岩のひとつ;上原徹―日本への衛星中継を実現した男が見たポールの素顔;森川欣信―ビートルズは常に僕の人生に寄り添ってきた。一日たりともを思わなかった日はない ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobu23

4
日本のミュージシャンや業界関係者がビートルズに関しての思いを語る本。当時の空気感や来日公演に関して多く語られている。2019/12/31

Norikko

2
執筆者のボリュームがバラバラ、ポール来日に合わせたビートルズ・メモリアルのムック企画だったのではないかと思えた。なんだかんだ言いつつも、「ビートルズ」ってことで手にとってしまった自分であった(ーへー;)2014/11/22

Naomi

2
いろいろな年代の有名人が、ビートルズとの関わり合いを書いている本です。 自分が一番のビートルズ好き、理解者だとファンは思っているのことがよくわかります。 内容は何も新しいこととか、読んでためになる話とか。感動する箇所もないのですが、書名に「ビートルズ」とあるだけで購入してしまう人がいるので、ビートルズ関連の新刊がまだまだ発行されるのでしょう、それもすごいことです。2014/03/09

りらこ

1
星加さんのビートルズに始めて会えたときの話は何度も目にしてるけど、いつ読んでもワクワクドキドキしてしまう・・その他の人達も流石に有名人だけに実際にメンバーに会った話があったりするけど、やっぱり私のビートルズ、って話なので、同じテーマで語らせたら黙っていられない人達はどれくらいいるんだろう?やっぱり唯一無二のバンドですね。私も・・止まらなくなるのでやめておきまーす(^_^;)2014/02/25

やいとや

0
各界著名人や業界人の「私のビートルズ」を語る一冊。テーマが「1.出会い 2.初来日の時どうしていたか 3.ジョンの死について」と決まっていたので、どうしても同工異曲になりがちだったのが物足りないが、そこからはみ出す語りには面白味がある。矢張り来日にスタッフとして関わった人達の嘉話が抜群に面白いのはその辺りに要因があるのであろう。もっとフリーハンドで語って欲しかった点で残念。2021/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7670189

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。