Level up book
テニスをずっと続けたいあなたに贈る100の法則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408454719
  • NDC分類 783.5
  • Cコード C0075

目次

第1章 テニスが強くなる「心」(強くなるための基本法則―「7つのK」;テニスが強くなる人の条件;スランプに挑め! ほか)
第2章 テニスが強くなる「身体」(テニスが強くなるための基本訓練;脱力トレーニング;姿勢をコントロールしてうまくなる ほか)
第3章 テニスが強くなる「技術」(フットワークを極める;強くなるスタンスの極意;オープンショットのテクニックを磨く ほか)

著者等紹介

大島伸洋[オオシマノブヒロ]
1960年生。中京大学大学院体育学研究科修了。大学教員を務めた後、1994年に渡米。ティーチングプロ、トレーナーとしてプロテニス選手の指導育成に携わり、帰国後「トレーニング科学研究所」を設立し、所長を務める。専門はバイオメカニクス、トレーニング科学、スポーツ方法学、スポーツ心理学など多岐に渡る。日本バイオメカニクス学会、日本スポーツ心理学会など数多くの学術団体会員。1991年日本テニス学会研究奨励賞受賞。名古屋高校テニス部インターハイ団体初優勝時のコーチを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

majiro

10
これは納得するところの多い、少なくとも自分にとっては良い本だった。ずっと続けるためだけではなく、テニスというスポーツをするためにフォーカスすべき、本当に基本の部分を定義していると思う。これは、本棚に置いて実践していきたーい。2016/04/17

wakaton

5
弱気な言葉は口にしない。忍耐力のない奴は上達しない。など、メンタルな面と体幹を鍛えるための基本のトレーニング法が紹介されていて、出来そうなものから取り入れていこうと思いました。☆☆☆*2014/03/09

みるず

3
メンタルについてが1/3。トレーニングが1/3。最後が技術的な事についてでした。やはり、勝負強い人は考え方が違うみたい。負けないためにも勝負強くなりたい。2016/07/21

mittaka

3
著者のコーチとしての華麗な実績に驚いた。そして有用な知識を二つ得た。 ・ランニングによるトレーニング効果が引き出されるために必要な時間は20分 ・「ウインドミル」や「ヘリコプタースイング」と言われるショットは、強くスピンをかけることができるばかりではなく、打点が遅れた場合でも強いボールを返球できる 本書を読んで得た知識を実践してテニスを上達したい。 書籍としては、助詞の使い方が変だったり抜けていたりする箇所が目に付いた。出版にあたってもう少し丁寧な編集校正作業が望まれる。2016/05/05

ぽやん

2
テニスに必要な心技体を鍛える。言い訳するな、できない理由を探すな、弱気な言葉を口にするな、間を取れ、謙虚であれ、忍耐力をつける、ストレッチする、腹筋背筋股関節を鍛える、ランニングする。2015/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7376396

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。