• ポイントキャンペーン

ドンドン解いて棋力アップ 詰将棋1手詰・1手必至399題―初心者から中級者まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408451909
  • NDC分類 796
  • Cコード C0076

内容説明

詰将棋は勝利へのイメージトレーニング。1手詰、1手必死問題を解いて終盤力を磨こう。

目次

1手詰300題
1手必至99題

著者等紹介

森信雄[モリノブオ]
七段。1952年愛媛県四国中央市生まれ。75年四段昇段。第11回新人王戦優勝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

根室

1
将棋ビギナーに貸してあげようと思って買ったのだけど、解いてみると意外に苦戦してしまった。必至って1手でも結構難しいんですね。いい勉強になった。貸すにはちょっとはやいかな2011/12/12

あなあき

0
自分の知る限り、本書は「最も難しい1手詰の本」である。空き王手や両王手は言うに及ばず「合い駒を取った手で駒余りの詰みになる場合、合い利かずの1手詰と看做す」など、詰将棋のルールぎりぎりで迫る問題もたくさんある。1手詰なので読みの総量は少ないけれど、油断しているとすぐに間違ってしまうのだ。自分は、将棋を指したり勉強したりする直前のウォーミングアップに使っているが、詰将棋の「安定したフォーム」をつくるのに最適のテキストだと思っている。あと、セットになっている1手必至には解説が少ないので、ある程度慣れた人向け。2014/04/01

nerozou666

0
森信雄七段の詰将棋本。1手詰300題、1手必至99題。はっきりいってあまり良い棋書とはいえない。1手詰問題は不要駒あり、駒余り3手詰ありとなんでもありかつ類似形の問題が頻出。それが実戦的で良いという見方もあるが、初心者から中級者までというサブタイトルに反している。しかも1手必至はほぼ解答のみで解説もないので初級~中級者では解答で本当に必至なのか判別することができない。あまりオススメはできませんね。2021/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/226456

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。