じっぴコンパクト新書
西武沿線の不思議と謎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408111704
  • NDC分類 686.213
  • Cコード C0225

内容説明

西武新宿駅はなぜほかの新宿駅から離れているのか?ふだんなにげなく見ている駅や沿線風景にも意外な事実、驚きのエピソードがあった!西武沿線がもっと好きになる知的案内本。

目次

第1章 意外な事実が見えてくる!西武鉄道のヒミツ(銀河鉄道・あのはな・ガンダム…西武鉄道にアニメコラボが多いワケ;中村橋駅にある街路灯の支柱は使い終わった古レールをリサイクル ほか)
第2章 この目で確かめたい!沿線ユニークスポット案内(大都会・新宿でホタルが自生するスポットを発見!;中野区には偉人を神仏のように祀る世にも不思議な公園がある ほか)
第3章 地図から浮かび上がる路線の不思議(新宿線と池袋線が近距離で並走しているのにはワケがある;秋津にある西武線とJR線がひそかにつながるヒミツの線路 ほか)
第4章 知れば地元が好きになる!西武鉄道の沿線史(住宅街に突如現われる蟻地獄のような遺構はいったいナニ?;新田軍と幕府軍が激突した「小手指原の戦い」がこの場所で起きた地理的理由 ほか)
第5章 驚きのルーツがそこにある 駅名・地名の由来(東京の西側に位置する西武沿線に東がつく駅が多いという奇妙な話;「家政」も「東京都」も関係ないのに、なぜ「都立家政」という駅名なのか? ほか)

著者等紹介

高嶋修一[タカシマシュウイチ]
1975年生まれ。青山学院大学経済学部准教授。専門は日本経済史で、とくに近現代の都市史・交通史を研究テーマとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。