じっぴコンパクト新書
切腹の日本史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408110028
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C0221

内容説明

不始末の責任をとり、あらぬ汚名をそそぎ、あるいは義憤からの諌め腹や、殉死を選び、身を処した日本人たち。潔く名誉ある死に赴いた思いとは!?―。

目次

松平信康―家康が長男に下した処遇
別所長治、清水宗治―三木城篭城戦の顛末
千利休、古田織部―茶道の師弟、死を賜る
豊臣秀次―関白秀次を秀吉が叱責して追い込む
浅野長矩―即日切腹となった真相とは
赤穂浪士―討ち入り後の浪士たちの処分
平田靱負―藩官僚の責任感
高山彦九郎―尊王運動の先駆けとなった思想家
松平康英―フェートン号事件に遭った長崎奉行
渡辺崋山―尚歯会の一員、蛮社の獄に散る〔ほか〕

著者等紹介

大野敏明[オオノトシアキ]
産経新聞編集委員。1951年東京生まれ。学習院大学法学部卒業。防衛研究所一般課程修了。産経新聞社で社会部次長、特集部長、大阪本社文化部長、千葉総局長、東京本社編集長などを歴任。現在、亜細亜大学、国際医療福祉大学講師。元東京医科歯科大学講師、元拓殖大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件