なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408109879
  • NDC分類 673.3
  • Cコード C0034

内容説明

お客さまをちゃんと見て、“アドバイザー”の視点で発信すれば、売り込まなくても売れていく。お金をかけずにできる販促のコツたっぷり。

目次

序章 売れ続ける会社・お店には「共通点」があった!
第1章 売り込まずに売れていく「2つの力」!
第2章 どんな小さなお店も「見えない資産」を持っている!
第3章 「コンテンツ力」を高めて売上を伸ばす5つのポイント
第4章 売り込まずに売れる「発信力」の高め方!
第5章 コンテンツ力と発信力で「地域」も劇的に活性化する!
終章 いつの時代も商売の基本は「お役立ち」にある!

著者等紹介

松野恵介[マツノケイスケ]
マーケティング・コンサルタント、有限会社ガイア代表。1971年京都生まれ。両親、親戚一同が商売人という家系で、商売を身近に感じて育つ。大学卒業後、京都老舗の呉服問屋に入社。営業マンとして全国を飛び回るが、旧態依然の業界の営業方針に疑問を感じる。営業マンとして自分でできることを見つけ行動するも、会社の考えとは合わず、若くしてリストラにあい心身ともボロボロに。そんなときマーケター・藤村正宏氏と出会い、どん底状態から這い上がる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

issa

0
この本は小売店やサービス業関わらずすべてのビジネスマンにとって役立つと思う。私は現在ウェブディレクターでサイト制作に携わっているが、ユーザーエクスペリエンスが何より大切だということを再認識できた。2015/11/08

namamono

0
自営業をやってます。プロにとっては常識的な話でも素人のお客様にとっては役に立つ、かけがえのない情報となりうる。そうしたお役立ち情報=コンテンツを自発的に発信していくことが売上アップにつながる——といった内容の本です。コンテンツ作成は単なる商品紹介ではなく、自身の体験の掘り起こしにもつながります。創作的とも感じます。面白みを噛み締めながら実践しているところです。2015/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6424909

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。