• ポイントキャンペーン

今ならこうする!藤山式所有不動産有効活用法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408107509
  • NDC分類 365.3

内容説明

家賃収入4000万円超の、あのカリスマ「兼業大家さん」が伝授する「お悩み不動産」32の処方箋。

目次

第1章 自宅「戸建て住宅」有効活用&処分術
第2章 相続「戸建て住宅」有効活用&処分術
第3章 自宅「アパート・マンション」有効活用&処分術
第4章 賃貸用「アパート・マンション」有効活用&処分術
第5章 「店舗・商業ビル」有効活用&処分術
第6章 「駐車場・空き地」有効活用&処分術

著者紹介

藤山勇司[フジヤマユウジ]
1963年、広島県呉市にサラリーマン家庭の三男として生まれる。1977年、広島県立宮原高校入学。勉学とは無縁の高校時代を送るが、卒業3カ月前から1日15時間の猛勉強で国立の愛媛大学農学部に現役合格。1985年、大学卒業と同時に老舗商社の大倉商事に入社。飼料畜産部に配属されるも、入社4年目にうつ病が悪化し、6カ月間の休職を余儀なくされる。この間、3度の自殺未遂を起こすが、運よく一命を取り留め、復職を果たす。その後、建設不動産部への異動をきっかけに兼業大家となるが、1998年、勤務先の自己破産にともない失業。2003年、自らのノウハウを明かした単行本『サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣』がベストセラーとなり、兼業大家ブームを巻き起こす。2008年10月現在、賃貸用の不動産物件を92戸所有し、年間の家賃収入は4000万円を超える。賃貸業のかたわら、著述業や講演なども精力的にこなしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)