実日ビジネス<br> 自分の年金は自分でつくる!―長期投資で成功する実践プラン

  • ポイントキャンペーン

実日ビジネス
自分の年金は自分でつくる!―長期投資で成功する実践プラン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408105970
  • NDC分類 338.12

内容説明

「豊かな老後を送りたい」「そのための安定的な経済的基盤をつくりたい」といった老後の問題が、超高齢社会日本に暮らすすべての人々に共通の基本的関心事となっている。本書はこのテーマについて、『長期投資仲間通信インベストライフ』誌の編集委員たちが様々な議論をしながらまとめた回答である。

目次

第1章 これからの老後資金は「攻め」と「守り」で考える
第2章 そもそも年金って何?これからどう用意していこうか―昔は自分でつくるのが当たり前だった
第3章 DIY年金運用の実際―手づくり年金運用はプラン(計画)、ドゥ(実行)、チェック(確認)のサイクルで
第4章 個人投資家の利点を最大限に利用しよう
第5章 長期運用を貫くための「投資の心理学」
第6章 経済と長期運用と自分の年金づくりと

著者紹介

伊藤宏一[イトウコウイチ]
ファイナンシャル・プランナー、税理士のかたわら、大学でライフプランニング、および哲学の教鞭を執る。幸福論などを元に、生き方と経済を結びつけたマネー哲学、ライフデザイン論を展開。日本FP協会理事。日本ファンドコンサルタント協会代表理事。ポラーノコンサルティング代表取締役。『長期投資仲間通信インベストライフ』編集主幹

沢上篤人[サワカミアツト]
日本初の独立系投資信託「さわかみ投信」ファンドマネジャー。1996年まで17年半にわたり、スイスの名門プライベートバンク、ピクテ銀行の日本代表を務める。日本における長期資産運用とプライベートバンキングの草分け的存在。『長期投資仲間通信インベストライフ』編集委員

真壁昭夫[マカベアキオ]
エコノミスト。英国、日本などでディーラー等として資産運用業務に携わる。実務経験を通じて得た運用の知識を、個人の投資家向けに執筆活動を通じてわかりやすく解説。『長期投資仲間通信インベストライフ』編集委員

岡本和久[オカモトカズヒサ]
日本と米国を中心に、証券業務・資産運用業務に三〇年以上携わる。長年の株式アナリストや年金資産などの運用で培ってきた投資手法を、一般の個人向けに紹介。現在、バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社社長。『長期投資仲間通信インベストライフ』編集委員

平山賢一[ヒラヤマケンイチ]
東京海上アセットマネジメント投信株式会社で、アセットアロケーターとして、年金運用などの資産配分決定に携わる。金融史観にもとづく資産運用論を展開。『長期投資仲間通信インベストライフ』編集委員