本多勝一の日本論―ロシア、アメリカとの関係を問う

個数:

本多勝一の日本論―ロシア、アメリカとの関係を問う

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784406055666
  • NDC分類 319.103
  • Cコード C0031

目次

1 ロシアの日本領土侵略(ロシアが火事場泥棒で侵略した千島列島;ロシアのグルジア侵略;北方領土の「独創的」解決はできるのか ほか)
2 アメリカの日本支配(イラク侵略日本軍の退却;日本の自衛隊を指揮下におきたい米国の狙い;米国のアフガン撤退とGM破綻の必然性 ほか)
3 マスコミの堕落とジャーナリズム(小選挙区制とマスコミ;メディアの自殺行為―月刊新聞『ジャーナリスト』から拾う;『朝日』『東京』のどちらをやめるか ほか)

著者等紹介

本多勝一[ホンダカツイチ]
1931年信州・伊那谷生まれ。ジャーナリスト。『朝日新聞』記者をへて現在『週刊金曜日』編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。