野菜はスープとみそ汁でとればいい

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • 動画あり

野菜はスープとみそ汁でとればいい

  • ウェブストアに331冊在庫がございます。(2022年07月07日 01時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784405093898
  • NDC分類 596.3
  • Cコード C2077

出版社内容情報



もう野菜の副菜で迷わない!毎日の野菜は「スープ」や「みそ汁」で簡単にとりましょう。
たっぷりの野菜がとれる汁ものレシピが85点。
1杯で「たまねぎ1個分」「なす2本分」など、野菜をおいしくペロリと頂けます。
使う野菜の数は少ないのに、ボリューム満点でおいしいスープやみそ汁は、忙しい人のご飯やお弁当に最適です。

著者は、20万部超の人気シリーズ『作りおき&帰って10分おかず』でレシピ本大賞受賞の倉橋利江。
今、注目度No.1の“おいしい”料理研究家の最新レシピ集!

【本書の特徴!】
●「野菜おかずを作るのが面倒」「献立に野菜が足りない」という悩みがスッキリ解消!
●スープやみそ汁だから、面倒な野菜の下ゆでや水切りも必要なし! 野菜の栄養もまるごと逃さない!
●晩ごはんにもお弁当にも使える!
●定番の味に加えて、「味噌クリーム風味」や「豆乳カレー風味」など、コクうまで飽きのこない絶妙なおいしさのスープ&みそ汁
●「1汁1菜だともの足りない」という方にぴったり。これにお肉や魚をさっと焼けば献立が完了!食べ盛りの家族でも満足できます。

内容説明

鍋でさっと煮込むだけ!野菜たっぷりのスープ&みそ汁で、副菜いらず!

目次

玉ねぎ・スープ
玉ねぎ・みそ汁
にんじん・スープ
にんじん・みそ汁
キャベツ・スープ
キャベツ・みそ汁
小松菜・スープ
小松菜・みそ汁
大根・スープ
大根・みそ汁〔ほか〕

著者等紹介

倉橋利江[クラハシトシエ]
料理編集者として出版社に勤務し、編集長として料理ムックの発行を多数手がけ、さらに大手出版社で料理雑誌の編集に携わったのちフリー編集者に。独立後、これまでに75冊以上の料理書籍やムックを担当し、数々のヒット商品を送り出す。20年近くの編集経験から、料理家と読者の間をつなぐ存在でありたいと思い、仕事で学んだプロのコツと独自のアイデアを組み合わせた「手に入りやすい食材で、作りやすく、恋しくなるレシピ」を考案している。著書には第6回料理レシピ本大賞“料理部門”入賞の『作りおき&帰って10分おかず336』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

46
主菜は決まったけれど、野菜の副菜をそうしようと思った時にはこれ、「スープとみそ汁で野菜を摂ればいい」という考えに大賛成。89品のレシピも簡単、スープやみそ汁なら煮込むだけで時短だし、栄養も摂れるとなれば一石何鳥かしら。味のバリエーションもあり、いくつか気になるレシピがあり、早速作ってみよう。#NetGalleyJP2021/09/16

たまきら

30
「野菜をどういう風に摂ったらいいかわからない…」と悩める料理ビギナーさんにぴったりのお手軽なスープレシピです。結構アイデアが気が利いていて、焦がし白菜とかなるほど、と思いました。2021/11/22

ももたろう

26
手に入りやすい野菜を使った味噌汁やスープのレシピ集。いつもワンパターンの物しか作らないので参考に。気になったのは「玉ねぎ+アボカドの味噌汁🥑」大根をピーラーでリボン状にした「大根+かいわれ大根のたらこスープ」生姜や豆乳、クリームのコーン缶をつかったスープなど。寒くなるこれからはスープジャー弁当も良いなぁ🎵2020/10/22

anne@灯れ松明の火

24
【第8回料理レシピ本大賞・入賞】「野菜をたっぷり使った食事をしたい」誰もが思うこと。でも、「あれこれ副菜を作るのは面倒」これもまた誰もが思うことだ。そこで、倉橋さんは提案する。「野菜はスープとみそ汁でとればいい」。なるほど! 確かに、具だくさんの汁物にすれば、食べる楽しみは増え、手間は減る。いつも同じ具材、味付けだと飽きるが、89点のレシピがあれば、その心配もない。「長ねぎは切り方を変えてムダなく使い切り」「風味が落ちたのりでも問題なし」など、一言アドバイスも気が利いている。#NetGalleyJP2021/09/14

遠い日

12
毎日の献立にたっぷりの野菜を!と心がけていても、思うように量がとれない日もあります。年齢的にも野菜を重点的に取りたいので、これは便利なレシピ本に巡り会えたと喜んでいます。構えなくても、わざわざ材料を揃えなくても、今家にある野菜たちで十分作れそうです。ないものは置き換えでもいいし、ちょこっと余った野菜も「ちょい足し」で使い切り、市販の調味料でOK、出汁を引かなくてもいいよというスタンスも嬉しい限り。毎日の積み重ねが体を作ることは自明の理です。まずは今晩は「ブロッコリーと玉ねぎのみそ汁」を作ってみます。2021/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16176353

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。