核心のイメージがわかる!動詞キャラ図鑑

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

核心のイメージがわかる!動詞キャラ図鑑

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月22日 11時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784405011472
  • NDC分類 835.5
  • Cコード C2082

出版社内容情報

本書は不可能とも思える”動詞”をキャラにしました。全部で33の動詞キャラたちが、全身全霊で核心のイメージを伝えてくれます。英語の前置詞をまさかのキャラクター化した第1弾に続き、本書は不可能とも思える”動詞”をキャラにしました。全部で33の動詞キャラたちが、全身全霊で核心のイメージを伝えてくれます。キャラクターたちの活躍だけでなく、しっかりした例文&解説で、どんどん読み進められる1冊。listenとhearの使い分けなど、それぞれのキャラたちが浮かぶので、いままでイメージをつかみきれなかった人にも、手にとって欲しい本です。

関正生[セキマサオ]
著・文・その他

煙草谷大地[タバコタニダイチ]
著・文・その他

内容説明

丸暗記では見えない英語の世界!核心のイメージをキャラクター化。「comeは『来る』、goは『行く』でしょ」と思い込んでいる英語の苦手な人も!難しい用法を丸暗記してしまった上級者も!「キャラ」になった動詞の世界を楽しんでください!

目次

1 知っておきたい基本動詞(come;go;be ほか)
2 使い分けが知りたい動詞(きく;見る;願う ほか)
3 使い勝手がよい動詞(feel;give;keep ほか)

著者等紹介

関正生[セキマサオ]
1975年東京生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。TOEIC990点満点取得。オンライン予備校「スタディサプリ」の講師として大学受験生、中学生に、さらにTOEIC対策で大学生、社会人など、年間55万人以上に授業を行なっている。著書は50冊以上

煙草谷大地[タバコタニダイチ]
1986年山口県生まれ。横浜国立大学教育人間科学部卒業。大学受験時は、本書・共著者である関正生のオリジナル授業を全て受講、学生時から現在まで関の著書の校正に携わる。大学卒業後は都内を中心に関東各地の予備校に出講。予備校のテキスト作成責任者も務める。早稲田予備校へ出講中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん☆転スラ·薬屋·本好き·魔導具師ダリヤ·天久鷹央·かくりよと続々アニメ最高です!!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)

81
ルビ無しで大丈夫な方にはオススメですが、ルビが無いと困る方にはオススメ出来ません(¯―¯٥)2019/09/30

えっくん

29
★★★☆☆「前置詞キャラ図鑑」に引き続き、動詞編を図書館より借本。動詞がもつイメージをキャラクターで表現し、一般的に知られている核心の意味合いに加え、派生する英語特有のニュアンスも紹介しています。平易な動詞ばかりなので、これから英語を学ぶ小中学生にも最適です。「GO」と「COME」のニュアンスの違いも今さらながらなるほどと感心してしまいました。「HEAR」「LISTEN」の使い分けは有名ですが、その他「LEND」「BORROW」「RENT」[LOAN」などの動詞の使い分けも分かり易く解説されていました。2019/01/26

miyu

21
おなじみの動詞が並び知っていることも多かったがキャラ付けしていて本当に分かりやすい本だ。なんとなく使っていた動詞を理路整然と解説されて「そうそう!そうよね!」と又しても目からうろこ。失礼ながらとぼけたイラストもピッタリ。どれも面白かったがよく似た動詞の使い分けのページが殊の外よかった。see(視界に入ってくる)、look(キョロキョロ見る)、watch(じっと見る)の使い分けは先生に煩く言われたな。listen(注意して耳を傾ける)とhear(耳に入ってくる)の違いでは一つの文章に使った例が秀逸だった。2019/11/19

mintia

16
動詞キャラのマンガをさらっと読むことができ、解説も面白く役に立ちそうだ。もう一度読み直してみる。2019/06/13

spatz

12
#NetGalleyJP。前置詞の本が素晴らしく、安心感を持って手に取ったが期待通り読み物としても楽しめる。英語が得意でないのでわからないこと知らなかったことが沢山。イメージで理解する、ということが、どれほど大切で、またどれほどたいへんか、が身に染みる。そのための、キャラクターを使う、というのは上手い手であり、特に子供には、しのごの言わずにポンと与えれば自然に面白がって読むのではないかと思う。大人はまた別、で、ためになる例文の宝庫なので、時々パラパラめくるだけでも、すこし賢くなったきがしてくるのでは。 2020/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12788845
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。