江戸の名奉行―人物・事績・仕置きのすべて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 347p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784404035714
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C0021

内容説明

町奉行、寺社奉行から牢屋奉行、火付盗賊改まで名奉行たちの真実を豊富な史料から明らかにする。

目次

第1章 草創期の幕府を支えた名奉行たち(板倉伊賀守勝重―江戸初期の伝説的な名奉行;石谷左近将監貞清―平和な江戸の街づくりに奔走;石出帯刀吉深―江戸・小伝馬町の牢獄を守り抜く;牛込忠佐衛門重忝―国際都市・長崎の礎を築いた果断の人;中山勘解由直守―「海老責」で火付・盗賊に恐れられた火盗改;坪内能登守定鑑―絵島事件を裁き、吉宗政権誕生へ導く)
第2章 太平の世に活躍した名奉行たち(大岡越前守忠相―将軍吉宗の「懐刀」といわれた真の理由;徳山五兵衛秀栄―巨魁・日本左衛門を獄門にかけた男;曲淵甲斐守景漸―失言で「名奉行」の評判を失う;伊奈右近将監忠尊―町奉行よりも頼りにされた最後の関東郡代;池田筑後守長恵―裏表のない明快で型破りな武断派奉行;長谷川平蔵宣以―「本所の銕」から火付盗賊改への飛躍;小田切土佐守直年―誠実・慎重な裁きで町奉行に永年勤続;根岸肥前守鎮衛―『耳嚢』を著した気さくな人気奉行;脇坂淡路守安董―大奥と寺社が最も恐れた剛胆な奉行;榊原主計頭忠之―鼠小僧次郎吉を裁いた“改革派”町奉行)
第3章 幕末の動乱に立ち向かった名奉行たち(筒井伊賀守政憲―日本百年を見すえていた学者奉行;内藤隼人正矩佳―遠島にした佐原喜三郎の波瀾の流人暮らし;矢部駿河守定謙―高潔な政治をつらぬいた怒れる奉行;遠山左衛門尉景元―「庶民の見方」に徹した硬骨の奉行;鳥居甲斐守忠耀―誣告と陥穽で恐れられた「妖怪」;池田播磨守頼方―国定忠治・吉田松陰を処刑した偉丈夫;川路左衛門尉聖謨―瓦解する幕府に殉じたサムライ)
第4章 名奉行余録―その他の名奉行たち

著者等紹介

丹野顯[タンノアキラ]
1940年東京生まれ。東京教育大学文学部卒業。江戸庶民の生活史・精神史について執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。