漣健児カバーポップスの時代―ルーツはシックスティーズ

漣健児カバーポップスの時代―ルーツはシックスティーズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 345p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784401701452
  • NDC分類 767.8

内容説明

カバーポップスの名訳を手がけ、次々とヒットを量産しながら忽然と姿を消した天才訳詞家がいた。その名は漣健児。日本のポップス黎明期に、漣健児は何を生み、何を残したのか。J‐POPのルーツはすべて、本書(ここ)に在る。

目次

漣健児作品 ジャケット・ライブラリー1960~1965
巻頭インタビュー―直木賞作家・高橋克彦氏、60年代カバーポップスの時代を大いに語る
再録・ナイアガラ対談(大滝詠一;漣健児)
カバーポップスを支えた歌手たち―フォト・ライブラリー
「ミュージック・ライフ」でたどるカバーポップスの時代