喜びのいのち―出生前診断をめぐって

個数:
  • ポイントキャンペーン

喜びのいのち―出生前診断をめぐって

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784400615927
  • NDC分類 495.6

内容説明

これまでの経過を振り返り、改めて思わされることの一つは、バイオテクノロジー(生命工学)の急速な進展です。僅か数か月の間にも、次々と新しい事柄が起こっているという事実です。それに伴い、出生前診断もまた、急速に医療の現場に広がっている、と推測されます。このところマスコミ紙上におきましても、「最近急速に普及している出生前検査」という言葉も見受けられ、そのことを裏づけています。これを一口に進歩と呼ぶか、あるいは人間存在の危機が一段と深まったと考えるかは、さまざまであると思いますが、わたしたちは明らかに後者であって、事態はますます深刻になりつつある、という認識を持っています。単に障害者にとっての危機であるということだけではなく、全人類の滅びをもたらす糸口にもなりかねないという危惧を持っています。たとえば、人のいのちを軽視し、人間の恣意的な判断によって容易に奪い得るということは、社会秩序の根底をゆるがすだけではなく、戦争を引き起こし、遂行する心理にも通じるからです。この危機感に押し出されて本書が生まれた、と言ってもよいでしょう。

目次

いのちを考える―生命操作とバイオエシックス
てのひらのなかの命
いのちの流れの聖性
いのちへの責任
福音における癒し―医療の現状の中で
生命科学から見た生命倫理―遺伝子の世界
一つの命も失われないために
妻と私と
この生命燃えつきるまで
生きよとのみ声〔ほか〕