韓国新大統領文在寅とは何者か―変わる日韓関係を読む

個数:

韓国新大統領文在寅とは何者か―変わる日韓関係を読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月21日 06時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396616083
  • NDC分類 302.21
  • Cコード C0036

内容説明

朴槿恵前大統領の罷免という混乱のあと韓国民が選んだのは、果たしてどのような人物か。慰安婦問題に関する日韓合意をめぐって、冷え切った日韓関係はどこへ向かうのか。毎日新聞前ソウル支局長の著者が、豊富な取材経験と韓国の現代史から新大統領について解説する。

目次

1 新大統領文在寅(文在寅とは何者か;朴槿恵が弾劾された理由;なぜ、韓国大統領は不幸な末路をたどるのか)
2 韓国の外交戦略はどう変わるか(もはや「北」は脅威ではない;「反日」の実態とは;「脱日」した韓国;慰安婦問題のゆくえ;米中の間で苦悩する韓国)
3 韓国社会を理解するためのキーワード(なぜ、韓国の裁判所は理解不能な判決を出すのか;新大統領を苦しめる社会分断;財閥へのあこがれと敵意;韓国の見せる現実主義の顔)

著者紹介

澤田克己[サワダカツミ]
毎日新聞論説委員・前ソウル支局長。1967年埼玉県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。在学中、延世大学校(ソウル)で韓国語を学ぶ。1991年毎日新聞社入社。政治部などを経てソウル特派員を計8年半、ジュネーブ特派員を4年。2013年からソウル支局長を務め、2015年より現職。2011~12年に神戸大学大学院客員教授、2016年から慶應義塾大学非常勤講師を兼任。著書に『韓国「反日」の真相』(文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件