日本人が知らない外国生まれの童謡の謎

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本人が知らない外国生まれの童謡の謎

  • 合田 道人【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 祥伝社(2006/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 17時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 242p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396612788
  • NDC分類 767.7

内容説明

ますます快調、合田道人の「童謡の謎」シリーズ第6弾「外国生まれとは知らなかった」「本当はこんな歌だったとは!」という驚きが満載。

目次

おおブレネリ―住まいを訊ねられて、国名で答える不思議
おお牧場はみどり―18歳の小鹿を撃て!子供には教えられない本来の歌詞
クラリネットをこわしちゃった―「オパキャマラド」って何のこと?
小ぎつね―想像もつかない辛辣で残酷な歌詞
ねこふんじゃった―最初は「死んじゃった」だった!?
モーツァルトの子守歌―まさか!実は他人の曲だった
十人のインディアン・ボーイズ―ひとりずつ減ってゆく数え歌の真相
むすんでひらいて―日本の子供がはじめて習った曲は外国生まれ
ちょうちょ―なぜ「菜の花」ではなく「菜の葉」に止まるのか?
きよしこの夜(聖夜)―ネズミのお陰でできた歌だった?
小さな木の実―甘い恋歌が、パパとの思い出の歌に
七里ヶ浜の哀歌―元歌は賛美歌、そのまた元歌の驚くべきタイトルとは?
ビビディ・バビディ・ブー―ディズニーとはまるで違う「シンデレラ」の残酷な原作
すずめのおやど―舌を切られたというのは、どういうこと?

著者紹介

合田道人[ゴウダミチト]
1961年北海道生まれ。1979年、シンガーソングライターとしてデビュー。その後、音楽番組の構成演出、司会、CDの監修、解説、新聞雑誌の連載、作詩作曲などで異才を発揮。2002年、『案外知らずに歌ってた童謡の謎』が、各マスコミに取り上げられ、いきなりベストセラーを記録した。テレビ、ラジオの出演はもちろん、文章を朗読し歌うという画期的な講演、コンサートが各地で大評判。(社)日本歌手協会常任理事、(社)日本音楽著作権協会正会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)