• ポイントキャンペーン

70歳からのひとり暮らし―楽しくやんちゃに忙しく

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396612139
  • NDC分類 914.6

内容説明

最愛の夫・周作氏を亡くして9年。新しい人生設計は、やんちゃな「ひとり暮らし」。

目次

1章 心配無用!「ひとり暮らし」はこんなに楽しい―世間体、義理から自由になってできること
2章 70歳を過ぎて、不平・不満を言っているヒマはない―「おつりの人生」を目一杯、楽しむ
3章 いまの日本は家庭が危ない。年を取ったからわかること―若い世代の人たちに聞いてもらいたい
4章 おばあさん、おじいさんの「出番」です―人のために時間を使うと、毎日はもっと楽しくなる
5章 最愛の人を失ってからの生き方―死ぬのが怖い人は、いつまでも欲深い人
6章 だから「死に支度」は忙しい―エチケットとして、家族のために最低限しておくべきこと

著者紹介

遠藤順子[エンドウジュンコ]
1927年、実業家・岡田幸三郎の長女として東京に生まれる。慶応義塾大学仏文科卒業。在学中に遠藤周作氏と出逢い、1955年に結婚。翌年、長男龍之介氏をもうける。1996年9月29日、周作氏逝去。その遺志を受け継ぎ、「死は終わりではない」「心あたたかな医療」「日本人の心に届くキリスト」の3つの課題を「夫の宿題」と名付け、各種の活動に精力的に取り組む。2003年より、NPO法人「円ブリオ基金センター」理事長