『ザ・レイプ・オブ・南京』の研究―中国における「情報戦」の手口と戦略

個数:

『ザ・レイプ・オブ・南京』の研究―中国における「情報戦」の手口と戦略

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784396610906
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0020

内容説明

1997年、突然アメリカで出版された『ザ・レイプ・オブ・南京』。「南京虐殺」はナチスのホロコースト以上と主張する同書は、歴史的事実を無視したひどい内容にもかかわらず、50万部を越すベストセラーとなり、アメリカ人は初めてこの事件のことを知った。日本がここで反論しなければ、同書の内容が「世界の常識」となり、日本は立ち直れなくなるであろう。これこそ情報戦をお手のものとする中国の常套手段なのである。

目次

第1章 『ザ・レイプ・オブ・南京』とは、どんな本か―いまなぜ、誰が、何のために(著者は何を主張しているのか;そもそも「南京事件」とは何か)
第2章 写真検証編 写真捏造、暴かれた手口―かくて“証拠写真”は、一枚も存在しない(中国の情報操作と歴史写真;『ザ・レイプ・オブ・南京』の写真検証)
第3章 本文検証編 五つの主張に反論する―このまま世界の「常識」として定着していいのか(検証―チャンの主張の根拠と論旨;歴史書としてのレベルを問う)
第4章 「情報戦」というもう一つの戦争―日本人が最も苦手とする、油断もすきもならない世界(なぜ、日本語版の出版が中止されたのか;国内における「自虐・反日」派の情報戦)

出版社内容情報

1997年、突然アメリカで出版された「ザ・レイプ・オブ・南京」。「南京虐殺」はナチスのホロコースト以上と主張する同書は、歴史的事実を無視したひどい内容にもかかわらず、50万部を越すベストセラーとなり、アメリカ人は初めてこの事件のことを知った。日本がここで反論しなければ、同書の内容が「世界の常識」となり、日本は立ち直れなくなるだろう。実はこれこそ、情報戦をお手のものとする中国の常套手段なのである。中国系アメリカ人アイリス・チャンの書いた反日偽書を徹底的に反証し、完膚なきまでに批判した力作!(祥伝社販売課相沢オススメの一冊)中国人女性ノンフィクション作家が米国で出してベストセラーになった本に掲載されてる日本人の兵士が罪もない中国人を連行していくところ、とキャプションのついた写真。そのウソを物証を提示しながら暴くところが痛快。この本を読むと“右側”に染まっていきます。