生命科学の新しい潮流 理論生物学

個数:

生命科学の新しい潮流 理論生物学

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 273p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784320057135
  • NDC分類 461
  • Cコード C3045

目次

第1章 イントロダクション(はじめに―本書の読み方;理論生物学の眺め方;バクテリア走化性のシステム論敵実験と理論の展開)
第2章 生体分子の動態と制御ネットワーク(概日時計の周期の意味;不確定環境下における細胞の運命決定理論;生体分子制御ネットワークの構造の力学的解明)
第3章 分子から細胞へ(細胞における情報処理の確率性と自発的対称性の破れ;微生物の集団的な振舞い;細胞骨格の力に依存した細胞構造の動態;視覚学習を構成論的に理解する―網膜視蓋系における方向選択性の学習を例に;真正粘菌の運動と知性)
第4章 形態形成(反応拡散系のパターン形成現象への応用;多細胞体形態形成のための細胞モデル;器官形成ダイナミクスの数理)

著者紹介

望月敦史[モチズキアツシ]
1998年九州大学大学院理学研究科博士課程中退。1998年九州大学理学部助手、2002年岡崎国立共同研究機構(現 自然科学研究機構)基礎生物学研究所助教授、同准教授などを経て、2008年より現職。現在、理化学研究所・基幹研究所主任研究員:東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授。博士(理学)。専攻は数理生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)