祥伝社黄金文庫<br> 家族が選んだ「平穏死」―看取った家族だけが知っている本当の「幸せな逝き方」

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
家族が選んだ「平穏死」―看取った家族だけが知っている本当の「幸せな逝き方」

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2016年12月11日 07時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396316143
  • NDC分類 490.15

内容説明

生まれ方は選べなくても、死に方は選べます。穏やかな最期を迎えるために、胃ろうや抗がん剤はいつまで必要ですか?家族の証言の中にこそ、その答えがある。

目次

第1章 ピンピンコロリより「平穏死」(穏やかな最期を迎えるために;平穏死に必要なのは事前の準備)
第2章 医者も知らない「平穏死」(望んでも「平穏死」できない日本の現実;よく理解しておきたい延命治療としての「胃ろう」 ほか)
第3章 介護家族の証言 がん終末期のケース(抗がん剤治療をやめての在宅療養、もう無我夢中でした;家族で看取れてよかった! ほか)
第4章 介護家族の証言 認知症終末期のケース(きょうだいで支え合い、できる限り在宅介護を続けたい;紆余曲折があったから「今がいちばん幸せ」って言えるんです ほか)
第5章 介護家族の証言 認知症終末期・施設のケース(10年も待った特養での急逝、元気なまま逝ってくれたのが救いです;相性のいい特養に出会え、母は心豊かに旅立つことができました)

著者紹介

長尾和宏[ナガオカズヒロ]
1958年、香川県善通寺市生まれ。1984年、東京医科大学卒業、大阪大学第二内科に入局。1995年、兵庫県尼崎市で開業。複数医師による365日年中無休の外来診療と24時間体制での在宅医療に従事。医療法人裕和会理事長、長尾クリニック院長。医学博士、日本尊厳死協会副理事長、日本慢性期医療協会理事、日本ホスピス在宅ケア研究会理事、関西国際大学客員教授

上村悦子[ウエムラヨシコ]
岡山県生まれ。コピーライターを経てフリーに。現在、『中央公論』、『婦人公論』、『コープ・ステーション』、『人権情報ネットワーク・ふらっと』などで、介護、女性、子供の問題などをテーマに執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)